千葉県立柏陵高等学校

 

日誌

部活動たより >> 記事詳細

2022/05/12

総体3日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 1008
こんにちは。バドミントン部です。総体の結果報告もこれで最後になります。男子シングルスの結果です。よろしくお願いいたします。

大澤 ベスト8
荒井 三回戦敗退
山本 初戦敗退
眞田 初戦敗退

シングルスでの戦いは、三年生の大澤くんが惜しい結果ということもあり、非常に悔しい思いをしたのではないでしょうか。その悔しい思いを後輩は受け、頑張って練習に励むでしょう!

この日の大澤くんは強敵が相手の時にすごくよく食らいついていました。いつも以上にフットワークが軽快で、本当に頑張っていたと思います。最後は体力的に厳しい部分があって敗れてしまいましたが、それでもベスト8という素晴らしい成績を残してくれました。
荒井くんは順調に試合が進んでいた場面が多かったのですが、三回戦目の相手の2セット目から調子が崩れてしまいました。本人としても、我々からしてもまだできると思いますので、次の大会に向けてレベルアップを目指して頑張ってもらいたいです。
山本くんは、頭の中でよく考えてプレイしていました。かなり緊張していたので、本来の力は発揮できなかったかもしれませんが、チームメイトが頑張っていたと言っていたので、その日できる限りのプレイはできていたのではないでしょうか。
眞田くんは初戦から強敵にあたってしまい、ミス等してしまう場面がありました。しかし、自分のできるプレイをしようと試みている姿勢は伝わりました。終わってしまった後もチームメイトの応援を欠かさず、チームとして活躍してくれました。


今大会で三年生男子全員と女子4名は引退となってしまいました。ここまでバドミントン部を支えてきてくれたメンバーたちには心から感謝したいと思います。みんな本当にありがとう。そして、安藤さん、小林さんは三年生メンバーの想いを背負って、県大会でも大活躍してくれると思います。心から応援をしてください。柏陵高校バドミントン部という「チーム」として、全員で勝ちに行きましょう。

P.S.
またいつでも後輩たちを指導しに来てくれてもいいですからね???
15:32