千葉県立柏陵高等学校

 

柏陵歳時記2

校長室七十二候 >> 記事詳細

2017/03/24

学年末終業式を終えて

| by 109
  学年末終業式を終えて
 平成29年3月24日(金)、平成28年度最後の終業式が行われました。

 ウグイスの「ホーホケキョ」という澄んだ鳴き声が聞こえる快晴の日に、平成28年度最後の終業式を無事終えることができました。これも保護者の皆様、地域の皆様、本校に関わってくださったすべての皆様のおかげと、職員を代表し心より感謝申し上げます。
 終業式の前に、平成28年度柏市学校警察連絡協議会「非行防止啓発漫画」において優秀賞(高校では1名のみ)に輝いた、1年G組の戸塚彪司(とつか ひょうじ)君の賞状伝達式を行いました。万引きをするかどうか悩んでいる少女が、幼馴染に偶然声を掛けられ、我に帰り万引きをやめ、涙する。というシーンを4コマ漫画で描きました。受賞おめでとうございます。
 終業式では、「自分の意志でスタートラインに立ち、自分の力で1歩を踏み出すことが大切。スタートラインに自分で立つのと、他人に立たさせるのではまったく意味が違う。自分で考え、自分で準備し、1歩を踏み出す。そして一人一人のそれぞれのゴールは違う。」という内容の話をさせていただきました。少し熱が入り、演壇前でマイクなしで話しをしてしまいました。
 「AI」の進展、職業の変化、人口の減少、気象の変化、大災害の予測。「予測不能」な時代に、正確に未来を見通せる者はいないでしょう。しかし、時代が変わっても大人は自分たちの経験で進路や将来のゴールを子ども達に示してきたように思います。自分にも見えないゴールを。
 本校では、生徒諸君が自分で考え、きちんとスタートラインに立てるようにすること。そして、その背中を押してスタートさせてあげる。時に悩み相談に来たら、その相談に真摯にのってあげられる教育を実践してまいります。
 新年度、元気で笑顔いっぱいの生徒諸君の顔を見るのを楽しみにしています。
 1年間ありがとうございました。 

12:16