ボイラー講習

夏休みの2日間、海洋校舎を会場に「小規模ボイラー取扱技能講習」が行われました。商業科・情報処理科・海洋科の生徒が対象です。
 小規模ボイラーは、学校の給食室や旅館、温泉施設や病院、マンションやクリーニング店など私たちの生活の身近な場所で使われています。資格を取得すれば、これらの取り扱いはもちろんのこと、4か月間の実務経験の後に「2級ボイラー技士」の受検資格を得ることもできます。

受講した生徒の皆さんは、合格を目指し頑張っていました。未来の自分を築くための一歩となるといいと思います。今回お世話になった日本ボイラー協会千葉支部の皆さん、ありがとうございました。