安全講話

 7月14日(金)、本校体育館に千葉県警察銚子警察署交通課木川様に来航いただき、全校生徒を対象に「安全教室」を実施しました。
 例年、夏休み前のこの時期に「交通安全」「生活安全」に関する講話をいただいていいます。今年も生徒一人一人が、日常的に生活をする中で、交通事故等の危険を予測し、防止できるような危機管理能力を高めることを目的に、次のような内容で講話をいただきました。
  • 絶対にやってはいけないこと
  • 自転車の安全利用について
  • 電動キックボードについて
  • 飲酒運転の根絶
 特に、自転車の交通安全については、4月から自転車乗車時のヘルメット着用が努力義務化され、学校としても通学時等の自転車乗車時のヘルメット着用を推奨しているところですが、まだまだ着用率は低いのが現状です。万が一の事故の際に自分の頭部を守り、自分の命を守るためにもヘルメットの着用を強く推奨します。
 また、7月1日から新しい交通ルールが施行され。最近話題になっている「特定小型原動機付自転車」(電動キックボード等)についての説明もありました。
 これから長い夏休みが始まります。今日の講話の内容をしっかりと受け止めて、夏休み中に誰一人として交通事故等にあわないように、自分の命を自分で守ってもらいたいと願います。