CHOSHO JOURNAL

洋上風力発電に関する講演会

 10月5日、本校舎視聴覚室にて、1年生全員及び3年生海洋科海洋環境コースの生徒を対象に、銚子市と風力発電の関わりについて理解し、今後始まる銚子市洋上風力発電事業と地域共生の在り方や未来の漁業とのかかわりについて、関係各所から講師を招き講演会を開催しました。

 生徒は、「今後、自分たちは洋上風力発電とどのようにかかわっていったらよいか」などの質問をし、講師の方からは、「人口減少が進んでいるのは魅力的な働き場がないためで、メンテナンス会社をはじめ関連会社を新しい就職先として考えてほしいい」とのアドバイスをいただきました。

 当日、ご講演いただいた講師の方とテーは次の通りです。

  • 「銚子市と風力発電のかかわり」
      銚子市役所企画課洋上風力推進室 主査 林 慶彦 様
  • 「銚子市洋上風力発電事業と地域共生」
      千葉銚子オフショアウィンド合同会社/三菱商事洋上風力株式会社 花崎 亮 様
  • 「洋上風力発電と漁業について」
      銚子漁業協同組合 指導部洋上風力推進室 係長 間渕 塁 様

 

 

令和5年度英語スピーチコンテスト東総大会 結果

9月25日県立銚子高校にて開催され、東総地区9校から28名の生徒が参加し、当校からは1C長谷川葵さん、1C本網恵伍くんが1年生のREADING部門にエントリーしました。去年は現在2年生の佐藤結愛さんが同部門で優勝したので、今年も優勝を狙い、夏休み前からかなり難易度の高い演題に取り組みましたが、残念ながら2位(本網くん)、3位(長谷川さん)という結果に終わりました。しかし、「野球が強いだけでなく、英語スピーチコンテストも強い銚子商業高校」という新たな伝統を作ってくれる生徒たちに期待しています。

千葉県県立学校チャレンジ応援基金の募集がスタート!

 千葉県では、魅力ある学校づくりや各学校における特色ある活動を推進するにあたり、地域住民や卒業生など、様々な方から応援いただくために、令和4年度に「千葉県県立学校チャレンジ応援基金」を創設しました。皆様からの御寄附は「教育活動充実プラン」に基づき、子供たちにより一層充実した教育を提供するために活用してまいります。

そこで、本校ではこの「チャレンジ応援基金」を活用して、先日決定したスクールキャラクター「ショウチャン」の着ぐるみを作成し、学校の各種イベントに活用して、生徒の豊かな心と愛校心を育むために、目標金額を100万円と設定し、千葉県教育委員会を経て寄付の募集を開始いたしました。

 どうか趣旨に御賛同いただき、御支援御協力を賜りますようお願い申し上げます。
 基金の詳細については、このページ上段のメニュー「寄付について」または千葉県教育庁財務課のホームページを御覧ください。 

銚子商業高校の教育活動充実プラン
プランの名称 プランの概要
寄附募集額
寄附募集期間
生徒の豊かな心と愛校心を育むイメージキャラクター制作事業
全校生徒から生徒会が中心となってスクールキャラクターを募集し、投票により決定したスクールキャラクターの着ぐるみを制作する。
体験入学や文化祭などの学校イベントで着ぐるみを活用して学校の魅力をPRするとともに、生徒の銚子商業生としての愛校心と誇りを持つことを醸成する。
100万円 令和5年10月2日から
令和6年1月31日
 

体育祭(2日目)

 体育祭2日目、9月28日(木)は本校舎グラウンドで屋外競技が実施されました。天候にも恵まれ、クラス一丸となって各種競技に臨んでいました。

 全校で準備運動を行ったのち、バトン部によるパフォーマンスで盛り上がり、体育祭の最後は恒例のフォークダンス。全校生徒が大きな輪を作り踊るフォークダンスは圧巻です。

競技種目

  • 男子種目
    • 台風の目・・・学年ごとに紅白に分かれ、一本の棒を5人で持ち、決められたルートを通りリレーする。
    • 綱引き・・・学年ごとに紅白に分かれ、先に2勝したチームの勝ち。
  • 女子種目
    • 玉入れ・・・学年ごと紅白に分かれ、自チームの籠により多く玉を入れたチームの勝ち。
    • 棒引き・・・学年ごとに紅白に分かれ、中央に置いてある棒を自陣により多く移動させたチームの勝ち。
  • 部活動対抗リレー・・・パフォーマンス部門と競技部門。
  • クラス対抗リレー・・・女子100m×4人、男子200m×4人で実施する。
  • クラス対抗長縄・・・5分間で一番多く跳んだ連続回数にクラスの参加人数をかけたポイントで優勝を争う。
  • 全校合同フォークダンス

  

  

体育祭(1日目)

 天候不安のため1日延期して9月27日(水)に体育祭1日目が開催されました。

 この日は次の球技種目をクラス対抗で実施しました。

 男子:バスケットボール・ソフトボール

 女子:バレーボール・キックベース

 

 

 

スクールキャラクターの決定

 今年度、全校生徒からアイディアを募集し、夏休み中に全校生徒及びオープンスクールに参加した中学生等にも投票をしていただき、公式スクールキャラクターが決定しました!
 名前は「ショウチャン」です。
 商売繁盛の神様「お稲荷様」の使者である「キツネ」をモチーフに、商業をイメージする「+」「-」「×」「÷」を、野球をイメージする帽子やユニフォームに配置し、しっぽは情報処理をイメージするカーソルのような三角形、海洋をイメージする魚の形のポシェットを身に付けています。
 下のイラスト原画は商業科3年の山口陽さん(銚子中出身)が考えてくれました。
 今後は着ぐるみを作成して、学校内外の各種イベントに出演し、生徒の豊かな心と愛校心を育むために、活躍していく予定です。
 そのため着ぐるみの制作費用を「千葉県県立学校チャレンジ応援基金」を通して募集をいたします。募集は10月2日から千葉県教育委員会のページから手続き可能です。近日中に募集に関する案内を本校のホームページでも公開いたしますので、ぜひ、皆さんの応援募金をお願いいたします。

職場体験

海洋科の1~3年の生徒7名が、「銚子海洋研究所」の"世界一小さな水族館"と"イルカウォッチング"のお手伝いをさせていただきました。
生徒たちが担当したのは、展示水槽の清掃や生物の採取、来館されたお客様のご案内やイルカウォッチング船フリッパー号の運航のお手伝いなどです。作業のポイントについてはスタッフの皆さんが丁寧に教えてくださり、参加した生徒たちは、多くの海の生物や自然とふれ合うことができました。また、海の魅力を伝えるスタッフの一員としてお越しいただいたお客様ともふれ合うことができ、とても貴重な経験をさせていただきました。
職場体験の最後に、同研究所で行っている「海洋ゴミ回収プロジェクト」にも参加させていただきました。参加した生徒たちは、漂着ゴミが予想以上に多いことに驚きながらも、一生懸命回収作業に取り組みました。
 この夏は、海や自然を相手に貴重な勉強をさせていただく機会ができました。
ご協力いただいた「銚子海洋研究所」の皆さん大変お世話になりました。ありがとうございました。

防災訓練

 9月1日の「防災の日」に合わせて、9月5日(火)にの午後、防災訓練を行いました。
 今年は、関東大震災が発生してからちょうど100年目の節目の年であり、一人一人の防災意識の向上を目的に実施しました。
 今回は、千葉県東方沖を震源とする地震の発生による避難訓練を想定して行いました。各クラスで地震発生の放送を受け、机の下で身を守る1次避難を行い、その後、避難経路に従ってグラウンドに避難する訓練を予定していましたが、この日は熱中症アラートが発令されており、健康面を配慮して、グラウンドへの2次避難は実施せず、そのまま教室で、岩井副校長先生からの講評を聞きました。
 

 

賞状伝達式

 9月1日(金)の始業式後に、夏休み中の部活動等での活躍に対する賞状伝達式を行いました。今回、賞状授与されたのは次の皆さんです。
  • 水泳部
    • 千葉県高等学校選手権水泳競技大会
      • 男子4×100mフリーリレー
        第4位 黒田竹晴さん(2年)・宮内俐玖さん(2年)・加藤遥惺さん(2年)・菅井希さん(3年)
      • 男子50mバタフライ
        第4位 宮内俐玖さん(2年)
        第8位 菅井希さん(3年)
      • 男子100m自由形
        第3位 黒田竹晴さん(2年)
      • 男子総合 第8位
  • カヌー競技部
    • 令和5年度千葉県高等学校新人カヌー大会兼令和5年度関東高等学校カヌー選手権選抜大会千葉県予選会
      • 女子K-1
        第2位 稲永美咲さん(2年)
      • 学校対抗女子 第2位
 

 

第2学期始業式

 9月1日(金)に第2学期始業式を行いました。
 この日は気温も高く、生徒の健康を考慮牛、オンラインでの映像配信で実施し、生徒は冷房の効いた教室で視聴しました。
 校長講話の後、配信に合わせて各教室で校歌斉唱をしました。
 2学期は重要な学校行事も多く予定されています。充実した学校生活になるように頑張りましょう。