自転車競技
2022/06/07

令和4年度関東高等学校自転車競技大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 部活動顧問
令和4年度関東高等学校 自転車競技大会
  トラック競技
       日時:令和 4年 6月 3日(金)~ 
5日(日)
    場所:大宮競輪場(周長500m)

      埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4
        

       ロード競技  
       日時:令和   4年  6月    6日(月)

  場所:群馬サイクルスポーツセンター(1周6km)

     群馬県利根郡みなかみ町新巻大峰山


【大会結果】
〇男子個人ロード・レース(6㎞×12周=72km)
 第6位  記録1時間54分16秒170  (四国高校総体2022大会出場
 千葉県立銚子商業高等学校 辻 洸之介

 朝から降り続く雨と強風はさらに強まり、選手たちは車庫で調整し、スタートの時間を待つ。中央赤帽;辻洸之介選手(銚子商業)雨が強いため、車庫の中で整列しスタート地点に向かう選手たち。参加選手119名。各県を勝ち抜いた選手たち。 
 10:00男子スタート。約50人近くの集団が先頭を走る。1台、滑って転倒。他の選手を巻き込むことはなかったがコンディションは最悪の状態である。 気温12度。雨と風でほとんどの選手が寒さとの戦いになっている。低体温症が心配される状況である。
 辻洸之介選手は10~20番位に位置し、先頭集団の中から状況を確認しながらレースを展開する。 下りに入るところで集団が長くなるが、大部分の選手が集団の中に入り、抵抗を少なくしている。
 3周あたりから、落ちていく選手が出てくるようになる。8位の選手から5分遅れた選手は、レースを止められる。最後まで完走できる選手は3分の1程度と見込まれた。 レースは大きな集団のまま5周~7周まで進んでいった。雨は強く降り続け、霧も出てきて状況は最悪である。
霧が濃くなってくると、先頭集団の中から6選手が飛び出し、それを追う第2集団の5名くらいの選手が先頭を追う展開となっていった。一瞬にして逃げ切りを図った6名の選手を追う、第2集団の中に辻洸之介選手(銚子商業:赤帽)が入っている。
 集団は、第1集団と第2集団が離れていく。残り3周で先頭集団が離なしにかかり、それを全員が追う形になった。 第2集団から第1集団を狙って力走する辻洸之介選手(銚子商:中央赤帽)
 霧と寒さのため思うようなレース展開ができない。転倒する選手がいつ出てもおかしくない状況である。 第1集団・第2集団から遅れる第3集団の選手たち。
 路面の状況は濡れていて最悪の状況である。 下り坂を縦長になり下る集団の選手たち。
 先頭集団を追う後続集団の選手。 先頭集団の逃げ切りに気付かず、周りの選手の動きを見ながら走行する辻洸之介選手(銚子商:赤帽)
 豪雨と強風の中集団から遅れないようにこぎ続ける選手たち。中央広報の赤帽:辻洸之介選手(銚子商)風の抵抗を避けながら周りの選手の動きを確認する辻洸之介選手(銚子商)。激しい雨と強風と寒さに耐えながらの走行。
 霧が濃くなり、全選手が関口拓真選手(深谷)をマークし、牽制しながらレースを展開する。残り3周で、先頭集団が逃げ切りを図り、飛び出す。スキを突かれ遅れる辻洸之介選手(銚子商:中央赤帽)第1集団・第2集団が飛び出し、遅れ始める第3集団の選手たち。豪雨と強風と寒さに加え、霧で視界がはっきりしなくなってきたときに、レースが動きだす。
 残り3周くらいで、突然霧が濃くなり、前方が見えなくなる。集団がさらに分かれ始める。
 第1集団と1分近く離されるが最後まで力走する第2集団の選手たち。中央赤帽:辻洸之介選手(銚子商)
 第1集団の4人の選手を追う第2集団の選手。中央赤帽:辻洸之介選手(銚子商) 先頭集団から最後に飛び出し、他の選手の追随を許さず、逃げ切りで優勝した関口拓真選手(深沢:神奈川)
 関口選手を追うが逃げ切られてしまった。2位山下季秦選手(大宮工)・3位福田海響選手(八王子実践)・4位川野佑隼選手(前橋工) 先頭集団を追い続けるが、追いつかなかった第2集団。ほぼ同着で5位大橋淳之介選手(甲府工)・6位辻洸之介選手(銚子商)がゴール。7位永田哲乙選手(笛吹)・石川陽翔選手(伊勢崎興陽)
 

〇ロード競技学校対抗総合 第6位

※令和4年度全国高等学校総合体育大会自転車競技大会の日程 
 《トラック競技》 令和4年8月4日(木)~6日(土)
          高松競輪場(周長400m)香川県高松市福岡町1丁目4番46号
 《ロード競技》  
令和4年8月7日(日)
          綾川町特設ロードレース・コース(1周21.2km)
          スタート・フィニッシュ地点
          綾川町B&G綾上海洋センター
          香川県綾歌郡綾川町山田下3694番地1

大衆日報 令和4年6月17日発行 掲載




12:00 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2022/05/25

第75回千葉県高等学校総合体育大会自転車競技大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 部活動顧問
第75回千葉県高等学校総合体育大会 自転車競技大会
  日時:令和4年 5月 6日(金)10:00~
  場所:山梨県境川自転車競技場(400mバンク)

     山梨県笛吹市境川藤垈3460

【大会結果】
〇3kmインディヴィデュアル・パーシュート
 第1位  記録3分50秒89  (3km・ロード競技関東大会出場)
 千葉県立銚子商業高等学校 辻 洸之介

〇1kmタイムトライアル
 第2位  記録1分12秒69
 千葉県立銚子商業高等学校 辻 洸之介
 
  

〇学校対抗総合
 第3位

※関東大会の日程 
 《トラック競技》 令和4年6月3日(金)~5日(日)
          大宮競輪場(周長500m)埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4
 《ロード競技》  
令和4年6月6日(月)9:00~12:00
          群馬サイクルスポーツセンター(1周6km)
          群馬県利根郡みなかみ町新巻大峰山


高石杯第57回関東地域自転車道路競走大会
     日時:令和4年 5月 1日(日)

   場所:茨城県安全運転中央研究所
                茨城県ひたちなか市新光町605番地16
  主催:関東自転車競技連合(大島研一会長)

【大会結果】
〇ロード競技
 優勝  記録1時間34分51秒933  (4.9㎞×13周=63.7㎞)
 千葉県立銚子商業高等学校 辻 洸之介

  
 スタート前の選手たち。中央赤帽:辻洸之介選手 集団の中で他の選手とかけひきをながらのレース。
  
 周りの選手を確認しながら、レースを展開する。 疾走する辻洸之介選手。
  
 トップでゴールする辻洸之介選手。千葉県10年ぶり快挙。 優勝カップと賞状を手にした辻洸之介選手。


15:14 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)