電気科生徒達の様々な活躍状況



令和元年度(平成31年度)

11月16日(土)に千葉工業高校で第36回総合技術コンクールが行われました。

電子回路工作部門では電気科2年の松本百惠さんが知事賞(個人1位)を初受賞。
  

電気工事部門では電気科2年の中﨑晃秀君が優秀賞(個人2位)を、同じく石井大晴君が優良賞(個人5位)となり、合わせて教育長賞(団体1位)も4年連続で5回目の受賞をしました。中﨑君は2020年8月に行われる電気工事関東大会へ出場します。
      

ロボットコンテスト部門では電気科3年の真中隼君が優秀賞を受賞。

ライントレースカー部門では工業系2組の小林伸行君が優秀賞を、工業系1組の寺内久遠君が優良賞を受賞しました。
 


電気科のページに戻る
 
153

令和元年度 総合技術コンクール賞状(個人賞)


中﨑君と石井君の作品(ショーケース内に展示中)


過去の総合技術コンクール賞状(団体賞)


過去の総合技術コンクール賞状(個人賞)