地震情報

地震情報 東京大学地震研究所
 

アクセスカウンタ

トータル288530

携帯端末からのアクセス

ホームページ
QRコード災害時等は、
お知らせ↓
 緊急連絡
をご覧ください
 

このサイトについて

このサイト内の情報について
著作権は千葉県立大原高等学校にありますので,許可なく再利用等をしないでください。

・写真全般
 個人が特定できないよう加工しています。
・個人が特定できる写真
 掲載にあたり,本人より承諾をいただいております。
 

 教育目標
 知・徳・体の調和のとれた人格の完成を目指して、これからも国家社会に貢献できる心身共に健康な青年を育成します。そのためには、次の指針の下、情熱をもって、生徒に対して積極的に指導・支援を行います。

 

(1)生徒が「文武両道」を目指し、授業や部活動に真剣に打ち込める学校
(2)生徒の多様な進路希望に応え、進路を通じての自己表現ができる学校
(3)地域に対して誇りと愛着を持ち、将来は自ら進んで地域を支えていこうという
   気概にあふれた生徒を育てる学校

 

学校経営の重点目標  (平成28年度) 

1 生徒指導の徹底と豊かな心の教育の推進
 (1)行事や授業等を通じて、生徒の基本的生活習慣の定着と生活マナーの向上・徹底を目指し、地域からの信頼に応える。
 (2)清掃作業やボランティア活動等の体験を通じて生徒指導の環境意識や道徳心を育む。また、人権教育に積極的に取り組むとともに教育相談等のカウンセリング機能の充実を図る。

2 学力の育成と進路実現
 (1)キャリア教育等のさらなる深化と定着を図り、将来の社会生活をも見据えた進路指導を推進する。
 (2)近隣大学等の上級学校や地元企業の連携をより強化する。

3 地域と連携した体験活動の実施
 (1)PTA活動、開かれた学校づくり委員会及びミニ集会に積極的に取り組むとともに、近隣小・中学校・大学、地域サークル及びNPO法人との連携・交流を深める。
 (2)4系列の特徴を生かした行事の実施
 (3)近隣中学校訪問やWeb等による情報発信を積極的に行う

4 運動部や文化部などの特色ある部活動設置
  全ての部が高い目標を設定し、目標の実現に向けて活動に励むことにより、中学校や地域の方々から、「部活動が盛んで活気のある学校」として評価されるよう努める。
 また、積極的に地域の活動に参加する。

 

 歴史と沿革

  • 大原,岬,勝浦若潮の3県立高等学校を統合(平成27年度より)
  • 千葉県立大原高等学校 総合学科(募集定員240名)
  • (4系列)普通・園芸・海洋科学・生活福祉
  • 7月11日を創立記念日と定める

昭和 2年10月12日 大原町立大原実科高等女学校として設立許可

昭和 3年 4月20日 開校式挙行 (5月20日を創立記念日と定める)

昭和18年 4月 1日 千葉県立大原女学校と改称、県立移管

昭和23年 4月 1日 千葉県立大原高等学校と改称、男女共学

昭和25年 4月 1日 千葉県立長者農学校を統合

昭和37年 4年 1日 長者校舎を県立茂原農業高等学校へ所属替え

平成 6年 4月 1日 健康スポーツ科設置

平成 8年 3月29日 トレーニング棟竣工、ゴルフ・アーチェリー場設置

平成 9年 2月25日 体育講義棟竣工

平成10年11月10日 校訓碑「自律」除幕および創立70周年記念式典

平成11年 3月26日 創立70周年記念誌発行
平成21年11月20日 創立80周年記念式典挙行
平成22年 3月31日 創立80周年記念誌発行
平成27年 4月 1日 3校を統合し千葉県立大原高等学校と改称
平成27年10月 6日 開校式典挙行

 
旧校章の由来kosho2.gif  大原高等女学校の校章は,「波に日の出」,下部に「松」を
あしらい,中心に「高女」文字が配置されたものでした。

 昭和23年の学制改革により,男女共学となった本校にふさわしい
斬新なデザインをと,全校生徒より募集しました。
  • 円形の輪郭
  • 「太平洋の海原」を象徴とした「群青」の地色
  • 左右を「白波」で囲い
  • 中心に黄色で「高」の浮き出し
  • 円形の半ば下横にえんじに銀文字で「OHARA」