校訓・教育理念・教育目標・重点目標

校訓「自律・協働」

 
 ○ 自己を律し、夢や目標に向かって切磋琢磨する

 ○ 相互の自主性・主体性を尊重し、互いに理解し合い、共通の目標に向かって連携・協力する


教育理念

 地域と共に歩み、地域の発展に貢献できる人間を育てる


教育目標

 知・徳・体の調和のとれた人格の完成を目指して、地域社会に貢献できる、心身ともに健康な生徒を育てる

(1)「文武両道」に励む生徒を育てる

(2)地域に対して誇りと愛着を持ち、地域に貢献する生徒を育てる


令和4年度学校経営の重点目標

1 基盤となる学力の育成 

 特色ある教育課程の編成により、日常生活で使われる実用的知識を広範かつ深く習得させるとともに生涯にわたり学び続けるための基礎学力を育成する。

2 系統的・継続的なキャリア教育の推進 
 地域や産業界等との連携を図りながら生徒のキャリア発達を促すとともに主体的な進路選択を実現させる。

3 組織的かつ積極的な生徒指導の推進 
 社会生活で必要な資質や能力を育むとともに家庭や地域社会及び関係諸機関と連携した開かれた生徒指導を推進する。

4 適切な指導体制のもとでの部活動の活性化 
 特色ある活動として部活動を位置づけ、指導体制を工夫しながらスポーツや文化活動を推進する。

5 分掌機能を一層高めた組織体制の整備 
 分掌内での職員相互の連携を強化し、業務を俯瞰的にとらえることで業務遂行能力を高め、組織としての発展的永続性を確保する。

6 職員間や保護者等との良好な情報共有の推進と連携の強化 
 適切な情報発信により情報の共有を進め、職員の協働や地域連携が教育活動を展開する上で効果的に進むよう努める。

7 働き方改革の取組強化とスクール・コンプライアンス意識の高揚
 教育活動の質向上のための働き方改革を推し進めるとともに、法令遵守の意識を全職員で恒常的に共有する。
校訓石

校 章
(2015年より) 


校章


 

 

歴史と沿革

  • 大原,岬,勝浦若潮の3県立高等学校を統合(平成27年度より)
  • 千葉県立大原高等学校 総合学科(募集定員240名)
  • (4系列)普通・園芸・海洋科学・生活福祉
  • 7月11日を創立記念日と定める

昭和 2年10月12日 大原町立大原実科高等女学校として設立許可

昭和 3年 4月20日 開校式挙行 (5月20日を創立記念日と定める)

昭和18年 4月 1日 千葉県立大原女学校と改称、県立移管

昭和23年 4月 1日 千葉県立大原高等学校と改称、男女共学

昭和25年 4月 1日 千葉県立長者農学校を統合

昭和37年 4年 1日 長者校舎を県立茂原農業高等学校へ所属替え

平成 6年 4月 1日 健康スポーツ科設置

平成 8年 3月29日 トレーニング棟竣工、ゴルフ・アーチェリー場設置

平成 9年 2月25日 体育講義棟竣工

平成10年11月10日 校訓碑「自律」除幕および創立70周年記念式典

平成11年 3月26日 創立70周年記念誌発行
平成21年11月20日 創立80周年記念式典挙行
平成22年 3月31日 創立80周年記念誌発行
平成27年 4月 1日 3校を統合し千葉県立大原高等学校と改称
平成27年10月 6日 開校式典挙行

 
旧校章の由来kosho2.gif  大原高等女学校の校章は,「波に日の出」,下部に「松」を
あしらい,中心に「高女」文字が配置されたものでした。

 昭和23年の学制改革により,男女共学となった本校にふさわしい
斬新なデザインをと,全校生徒より募集しました。
  • 円形の輪郭
  • 「太平洋の海原」を象徴とした「群青」の地色
  • 左右を「白波」で囲い
  • 中心に黄色で「高」の浮き出し
  • 円形の半ば下横にえんじに銀文字で「OHARA」
旧制服(2014年まで)