ブログ

2023年10月の記事一覧

台湾大学生と日本の高校生とのオンライン討論会

令和5年10月16日(月)

 

 本日、台湾留学サポートセンターの仲介のもと、台湾の大学生と全国の高校生によるオンライン討論会が行われました。本校からは3名の代表生徒(1年次)と7名(1・2年次)がギャラリーとして参加しました。

 今回のテーマは「闇バイトについて」。日本で注視されている問題に対し、台湾においても行われているのか、何故このような事件が起きるのか等話し合いました。

 今回参加した日本の高校は計12校。北海道、山形県、群馬県、熊本県、宮崎県や大阪府等からも参加がありました。台湾からは中華大学の学生や日本人留学生が参加し、討論会を盛り上げくれました。

 様々な地域や立場を超えた意見を聞くことができ、有意義な時間となりました。

  

0

教員基礎コース教職体験実習

令和5年10月12日(木)

 

 今年度も地域の小学校、中学校、幼稚園、子ども園の御協力のもと、教員基礎コース教職体験実習を終えることができました。

9月26日から10月5日にかけて、教員基礎コースを履修している生徒57名が母校で3日間体験実習を行ってきました。

大学教授による集中講義だけでは知ることのできない、教員の立場として学校を感じる貴重な体験をしたことと思います。

御協力いただいた各学校のみなさん、本当にありがとうござました。

  

0

修学旅行事前学習

令和5年10月12日(木)

 

 広島・京都方面へ修学旅行に行く2年次は、本日、被爆体験伝承者の渡辺菊乃氏を招き、広島平和学習の事前学習を行いました。渡辺氏から、広島原爆投下の概要を説明していただいた後、被爆体験者から聞き取りを行った内容を生徒へ伝えていただきました。被爆者の平均年齢は85歳を超え、原爆の悲惨さや平和への思いを直接伝承することが困難になってきています。

 私たち自身が原爆や戦争のおろかさ、平和への思いを伝承できるように、しっかりと学んでいかなくてはならないと強く感じました。

  

0

第4回白熱教室

令和5年10月10日(火)

 

 本日、第4回目の「白熱教室」がオンラインで行われました。この「白熱教室」は京大生運営塾『GOALOOK』の方がファシリテーターとなり、「生徒の心に火をつける」取組となっています。

 今回は、参加を希望した1年次代表生徒15名が「世界の解像度を上げる」ことを目的に話し合いを進めました。まず、他の地域と房総地域の違いについて意見を出し合ったあと、その違いがどのように起きるのか、5教科(国語・数学・英語・理科・社会)を使って考えました。特産品や地域の高齢化・人口減少等について、歴史や地理的環境から考察していた生徒たちでしたが、京大生の問いから、海外等他地域との比較や情報分析のために英語や数学、古典の内容も必要になってくると内容は深まりを見せました。物事の原因の追究と比較をすることで、本質を見極め「世界の解像度が上がる」感覚をつかめたのではないでしょうか。

  

 

0

一日体験入学実施

令和5年10月7日(土)

 

 本日、多くの中学生、保護者に来校していただき、安房高校一日体験入学を行いました。本校の一日体験入学は、安房高生の力を存分に活かした内容となっており、中学生には安房高生の姿も見ていただける機会となりました。

 8時25分、代表生徒が受付上の諸注意を説明してから受付が開始されました。受付、全体会会場となる体育館への誘導、体育館での座席の案内等を安房高生が担うとともに、全体会では新生徒会による進行で、歓迎パフォーマンス(吹奏楽部、書道部、弓道部、ギター部、チアダンス部)が行われました。

 全体会後、中学生は13会場に分かれて授業を受け、安房高生による相談会と部活動見学を行い解散となりました。

 中学生の皆さんはどのような印象を抱いてくれたでしょうか。「部活動の発表や体験授業を通して安房高の雰囲気が感じられてよかった。進路の参考になった。」「先輩方との交流でとても参考になった。」などの感想もいただきました。ありがとうございました。

  

  

0