感染症による出席停止手続き

  かつては、インフルエンザに罹患した場合も主治医による「登校許可証明書」を学校に提出していただきました。現在は症状がインフルエンザの治癒基準に達していれば、他への感染力が低くなるという厚労省からの指導により、保護者による「インフルエンザ罹患報告書」を提出する方法を本校では採用しています。

 

① インフルエンザに罹患した場合の対応 

  

  1.インフルエンザの診断を医師から受けたことを学校(担任)に連絡する。

  2.療養を終え、出席停止基準を満たす状態まで回復し登校する際には、保護者による「インフルエンザ罹患報告書」を登校する日に提出してください。

 

  ※ 学校感染症の種類と出席停止の期間(資料).pdf

※ インフルエンザ罹患報告書.docx・・・こちらからダウンロードできます

 

 

② インフルエンザ以外の感染症に罹患した場合の対応 

 

  1.感染症(具体的に病名)の診断を医師から受けたことを学校(担任)に連絡する。

  2.療養を終え、出席停止基準を満たす状態まで回復し登校する際には、主治医による「登校許可証明書」を登校する日に提出してください。

 

  ※ 学校感染症の種類と出席停止の期間(資料).pdf

※ 登校許可証明書.docx・・・こちらからダウンロードできます。

 

 

用紙がダウンロード出来ない場合やご不明な点がありましたら、担任又は養護教諭にお問い合わせください。

 

アクセスカウンタ

COUNTER1801119

携帯サイト

■携帯サイトはこちらから

■まちcomiメールの携帯サイトは
http://sc.machicomi.jp/awako114/
です。まちcomiメールで送られたメールの内容を見ることが出来ます。
 

一校1キラッ!