所在地


千葉県立旭農業高等学校

〒289-2516
旭市ロ1番地
TEL 0479-62-0129
FAX 0479-62-4426
E-mail asahi-ah@chiba-c.ed.jp
アクセスMap

大きな地図で見る
 

カウンタ

COUNTER698785

オンライン状況

オンラインユーザー5人
ログインユーザー0人
登録ユーザー70人

旭農業高校QRコード

 
   
 

旭農業高等学校キャラクター「ブッピー」
 

フォトアルバム

H30 修学旅行

番外編を開きます。
26枚
番外編

登録者:asahi-ah | 2018/12/17(14票)

新着情報

 

農高日誌

農高日誌 >> 記事詳細

2019/01/07

始業式が実施されました

Tweet ThisSend to Facebook | by asahi-ah
 冬季休業期間の終わった平成31年1月7日(月)、第3学期の始業式が、本校体育館にて行われました。
 元気に登校した生徒たちは、久しぶりに会う友達と休業期間中の情報交換で、会話が盛り上がっていました。さあ、3学期がスタートです!

  
 校長講話では、初詣とお神籤の歴史についてのお話がありました。

 寺社などで行われている「お神籤」において大吉の割合は、約17~18%としている寺社が多いようです。平安時代、元三大師(がんざんだいし)がその割合を定めたとされ、現在も多くの寺社がこの割合に準じていると考えられます。

 その割合から、お神籤の良い方は全体の3分の2を占め、悪い方は全体の3分の1を占めることになります。
 人間は何事も悪い事のほうが強く記憶に残ります。良いことが多いくらいで、人間の感覚としては良いこと・悪いことが半々に感じられるのでしょう。

 また、凶を引いても救済措置があります。結びどころに凶のお神籤を結びつけることで、寺社に凶の運気をとどめておくことができると考えられています。また、大吉であっても油断すれば運気が下がることもあるため、自戒の意味を込めて結ぶのがよいとされています(*諸説あります)。

 つまり、結びどころで籤を結びつけている人が全て凶とは限りません。大吉を結ぶ人もいるはずですから、結んでいる姿を見られても気にはならないでしょう。

 お神籤という風習は、人間心理への深い理解があったからこそ現代に受け継がれてきたのではないかと思います。
 凶は、お神籤を引いた時点でそれ以上運気が下降しないことを意味しています。
 逆に 大吉は、運気がそれ以上に上昇しないことを意味しています。

 人生は何があるかわかりませんが、だだ一つだけ確実なものがあります。
それは、・・・

 自分の人生は「お神籤」で決まるものではなく、自分で切り拓くもの!! 
  だと云うことです。

 卒業や進級か決まる3学期が、今日からスタートします。
 しっかりとした目標を持って、自らの力で前へ突き進んで下さいね。
09:55 | 投票する | 投票数(39) | コメント(0) | 今日の出来事