所在地


千葉県立旭農業高等学校

〒289-2516
旭市ロ1番地
TEL 0479-62-0129
FAX 0479-62-4426
E-mail asahi-ah@chiba-c.ed.jp
アクセスMap

大きな地図で見る
 

カウンタ

COUNTER691108

オンライン状況

オンラインユーザー8人
ログインユーザー0人
登録ユーザー70人

旭農業高校QRコード

 
   
 

旭農業高等学校キャラクター「ブッピー」
 

フォトアルバム

H30 修学旅行

番外編を開きます。
26枚
番外編

登録者:asahi-ah | 2018/12/17(14票)

新着情報

 

農高日誌

農高日誌 >> 記事詳細

2019/01/04

小寒です・・・・・・・!

Tweet ThisSend to Facebook | by asahi-ah

 
 1月6日(日)は、二十四節気の第23番目、『小寒(しょうかん)』にあたります。小寒の日から、本格的な寒さが始まると考えられており、この日を「寒の入り」と呼びます。小寒と続く大寒をあわせた約30日が「寒中」「寒の内」にあたります。
 「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」 
 ――これは、江戸時代に出版された『暦便覧』に記された「小寒」の説明文です。昼の時間が最も短かった「冬至」から数えて15日目、この日をもって「寒の入り」となり、「立春」の「寒の明け」までの約1カ月間が、「寒中(かんちゅう)」「寒の内」にあたり、寒中見舞いはこの期間中に出します。―

 この頃、早朝に見られるのが、霜の花。暖かい日の陽ざしを浴びて咲きほころんだ早春の花が、パウダーシュガーを振りかけたような霜の結晶に美しく縁取られた様子が見られたりもします。雪の結晶を「六花」というのに対し、霜は「三花」。北方の湖では、フロストフラワーと呼ばれる幻想的な光景も見ることができるそうです。
    
 霜の結晶三花 と、阿寒湖(北海道)の湖表に形成されたフロストフラワー(霜の花)

 <フロストフラワーとは・・・・?>
 
「霜の花」もしくは「 冬の華」とも云われ、 湖に張った氷の上に、氷から昇華した水蒸気が付着して氷の結晶を作り、花のように見えることから「フロストフラワー(霜の花)」と名付けられました。
 阿寒湖では毎年、結氷まもない時期の湖面全体や厳寒期における薄氷部分で、マイナス15℃以下に冷えた風の吹かない静穏な朝に見ることができる現象だそうです。


 一年で最も寒さ厳しき折、冬将軍の猛威に負けないよう、食事や入浴、運動などで体をしっかり温め、風邪など召さぬよう気をつけましょう!!

 


09:00 | 投票する | 投票数(23) | コメント(0) | 連絡事項