新鮮市場

 新型コロナウィルス感染防止対策として、生徒による販売活動を現在中止しています。実習授業は再開しましたので、野菜・草花・鶏卵などの生産は継続、購入も可能です。ご購入いただける生産品を、下のリストへ(日々更新)まとめましたのでご確認下さい。販売は原則、学校稼業日・時間となりますので、ご理解とご協力をお願いします。
 皆さまからのご連絡を、心よりお待ちしています。
 (☎ 0479-62-0129)
 
 

所在地


千葉県立旭農業高等学校

〒289-2516
旭市ロ1番地
TEL 0479-62-0129
FAX 0479-62-4426
E-mail asahi-ah@chiba-c.ed.jp
アクセスMap

大きな地図で見る
 

カウンタ

COUNTER1301824

オンライン状況

オンラインユーザー34人
ログインユーザー0人
登録ユーザー94人

旭農業高校QRコード

 
   
 

旭農業高等学校キャラクター「ブッピー」
 

フォトアルバム

修学旅行

R01年度を開きます。
26枚
R01年度

登録者:asahi-ah | 2019/12/23(63票)
H30年度を開きます。
26枚
H30年度

登録者:asahi-ah | 2018/12/17(61票)

耳より情報

本校の実習活動について知りたい方は、「農高ちゃんねる」の動画をご覧ください。
旭農高では、学科毎に特徴のある実習授業を展開しています。
実習授業の様子を
楽しい動画にまとめました。学科を選択する際の参考にもなりますので、ご覧ください

「農高ちゃんねる」をご覧になる方は、こちら ⇒ 農高ちゃんねる
 

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

農高日誌

日誌 -投票もお願いします-
12345
2021/04/03

教科書の購入について

Tweet ThisSend to Facebook | by asahi-ah
 
 令和3年度用の教科書の購入が済んでいないの皆さんは、至急 三川屋書店 本店にて(営業時間Am9:00~Pm18:00)購入してください。
 期日を過ぎてしまうと教科書の購入が難しくなり、後で入手ができなくなる可能性があります。責任を持って確実に購入を済ませてくださるよう、お願いします。

 三川屋書店 本店
 住所:千葉県旭市ロ831  電話:0479-62-0081



 三川屋書店は、JR旭駅より徒歩7分の所にあります。購入の際は、学年と学科名を伝えてください
  
 教科書は一般の書籍と異なり、その年に必要な冊数ギリギリで作成されます。書店から出版元へ戻された教科書は、他の地域の書店に移ってしまうのでその後の入手が困難になり、最悪入手ができなくなりますので、期日までに確実に購入を済ませてください。
07:10 | 投票する | 投票数(29) | コメント(0) | 連絡事項
2021/04/02

清明です・・・・・!

Tweet ThisSend to Facebook | by asahi-ah
 
 4月4日(日)は、二十四節気の5番目『清明(せいめい)』にあたります。清明とは、「清浄明潔」を略した言葉で、『歳時百問』という明代の本に、「万物ここに至りて 皆潔斎にして清明なり。」という記述が残っており、簡単に云えば「清々しい南東の風が吹いてきて満開の桜を観ると、全てのモノが生き生きしているように見えるなア~! 皆で花見でもしませんか !!」というニアンスになります。
 新型コロナウィルス感染症に加え4月からの新環境の下、あわただしい時間を過ごしている方も多いと思います・・・・・。集団での花見は禁止されているようですが、ちょっと足を止めて、ご近所の桜で一息入れてみてはいかがでしょう!

   
 梅やサクラなど一斉に木々が花を咲かせる季節・・・・・・ 校内の桜は散り始めました!

 この頃、越冬のため東南アジアに渡っていたツバメが戻って来て、雁は、シベリアに渡って行くようです。渡り鳥の選手交代の季節とも云えそうです。



   
 ツバメも飛来しますが巣作りを見る機会は減少中・・・渡りをせずに永住したツバメも居たりして・・・・・
08:00 | 投票する | 投票数(36) | コメント(0) | 報告事項
2021/04/01

安全・安心な学校を目指して・・・!

Tweet ThisSend to Facebook | by asahi-ah
 2019年に千葉県を縦断した台風は、県内の各地に大きな爪痕を残しました。本校でも停電が続き、やむなく休校扱いにしましたが、格技場の南側屋根の一部が強風で剥がされる等の施設にも被害が出ていました。
 2021年に入り屋根の改修作業が始まり、2月末に無事工事が終了しました。これで生徒の皆さんに、より安全な学習環境を提供できるようになりました。皆さん、授業や部活動に集中して取り組んでくださいね!

  
 1月下旬より生徒たちに危険がないよう囲いが作られ、足場が組まれて工事が始まりました!
  
 クレーンで資材を挌技場の屋上へ・・・・・3月上旬に工事が完了、足場も外されました!
08:00 | 投票する | 投票数(38) | コメント(0) | 今日の出来事
2021/03/31

春よ来い・・・・!!

Tweet ThisSend to Facebook | by asahi-ah
 春は、出会いと別れの季節です。今日で、新型コロナウイルス感染病対応に翻弄された感のある令和2年度が終わります。明日から始まる令和3年度が、更に充実した学校生活を送れる佳き1年になるといいなと、考えています。
 そのためには、生徒の皆さんが諦めることなく、目標に向かって努力を重ねることです。春の到来を心から喜び、希望に満ちたスタートラインとなれるよう、希望の春を待つ心を唄った、美しい歌詞の曲を皆さんにご紹介しましょう。

  
 沈丁花の花言葉は、「永遠、不滅、栄光、信頼、青春の喜び」・・・・ 春先の俄雨(にわかあめ)を「花時雨」と呼びます
  
 幼い頃の思いは、月日が流れても変わることなく・・・・・ それでも季節は、移りゆきます・・・・・ 

  春 よ 来 い  作詞/作曲 松任谷由実
  
   淡き光立つ俄雨
   愛し面影の沈丁花 
   溢るる涙のつぼみから
   一つひとつ香りはじめる
   それはそれは 空を越えて
   やがてやがて 迎えに来る
   春よ 遠き春よ
   まぶた閉じればそこに 
   愛をくれし君の
   なつかしき声がする

   君に預けし 我が心は、
   今でも返事を待っています
   どれほど月日が流れても
   ずっとずっと待っています
   それは それは明日を越えて     
   いつかいつか きっと届く
   春よ まだ見ぬ春
   迷い立ち止まる時
   愛をくれし君の
   眼差しが肩を抱く

   夢よ浅き夢よ
   私はここにいます 
   君を想いながら
   ひとり歩いています
   流るる雨のごとく
   流る花のごとく

   春よ遠き春よ
   瞼閉じればそこに 
   愛をくれし君の
   なつかしき声がする       

 
     Haru Yo Koi

  Through the rain the sunlight warms my heart
  Fragrance sweet, a memory it calls from afar
  Tears of joy flowing deep from my soul
  All around, I can feel new life unfold
  Up ahead, can't you see, fills the sky up above
  Breathe the air, oh so sweet, all that I've waited for
  Celebrate the new life that we see
  I close my eyes and I feel you near to me
  On this day a brand new song to sing
  Thankful for all the gifts that spring will bring

  Oh so dear, you hold a place in my heart
  I feel you near, we've been too long apart
  Through the years seasons promise anew
  Loyal friend, 'til the end, I'll be waiting for you
  Up ahead, can't you see, how the future unfolds
  Breathe the air, oh so sweet, all that I've waited for  
  Celebrate the joyous days to come
  On the green grasses we are free to run
  I feel your touch and I can hear you sing
  Thankful for all the gifts that spring will bring

  Celebrate this young and fragile dream
  Don't you know this is where I'll always be
  As I walk along this lonely road
  Your spirit it dances around me
  Like a river that flows on endlessly
  Like a flower the love you give to me

  Celebrate the new life that we see
  I close my eyes and I feel you near to me
  On this day a brand new song to sing
  Thankful for all the gifts that spring will bring


 「春よこい」の動画は、こちら ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=qX7pFYH9O04&list=RDqX7pFYH9O04&start_radio=1

  
 春はどこからやって来るのでしょうか・・・・・? 多くの人々が、心待ちにする季節!
  
 時に、迷い立ち止まることも・・・・・月日や時間を越え、春はやって来きます・・・「春よ来い、早く来い!」 
  
 春の到来を知らせる桜の花びらは、その時々で美しい瞬間を私たちに見せてくれます・・・・・・・!

 Hayley Westenraサンの唄う英語の「Haru Yo Koi」は、こちら⇒ https://www.youtube.com/watch?v=Lykhh52NEXk&list=RDLykhh52NEXk&start_radio=1
08:00 | 投票する | 投票数(56) | コメント(0) | 連絡事項
2021/03/31

128万回の感謝・・・・!

Tweet ThisSend to Facebook | by asahi-ah
 旭農高のホームページの閲覧カウンタが、3月28日(日)に128万回を超えました。1年間で、本当に多くの方にご覧いただいたことになります!
 本校は、畜産科・園芸科・食品科学科の農業学科3科で構成される県下唯一の農業単独高校です。そのため日々の実習授業など普通高校では体験することのない学習活動を通して、農業に係る専門的な知識や様々な事柄を学習しています。学校内における日々の情報や、農業に係る話題などを取り上げてきたことを皆さまにご覧いただけた積み重ねが、こんなに大きな数字となりましたことに感謝いたします。これからもさまざまな学校情報を掲載しますので、よろしくお願いします。

  
 多くの皆さまにご覧いただいた結果が、こんなに大きな数字に・・・・・・・ 感謝です!!
  
 農業高校としての魅力を一つずつ取り上げた記事が満載です・・・・・過去の記事も改めてご覧下さい!
07:30 | 投票する | 投票数(52) | コメント(0) | 報告事項
2021/03/30

ニワトリの更新が完了しました・・・!

Tweet ThisSend to Facebook | by asahi-ah
 
 2月に「All Out(廃棄)」となった鶏舎は、徹底的に清掃・消毒作業が行われました。3月下旬に新たな鶏が搬入され、静かだった鶏舎は再び活気を取り戻しました。採卵作業も日々行われていますが、産みはじめのため卵のサイズが規格に達してないものが含まれ、校内で販売するのみとなっています。もう少しで一般販売もはじまりますので、今しばらくお待ちください。

  
 廃棄処分が済み空になっていた鶏舎に、新たな鶏が搬入されました・・・・・!
  
 若い鶏は元気です! 鶏舎には活気が戻って来ました・・・・・新鮮な卵の販売ももうすぐ始まります!
   
 鶏舎の外に出ると部活の済んだ生徒たちが、乳牛を撫ぜてました・・・・・・・!
08:10 | 投票する | 投票数(57) | コメント(0) | 今日の出来事
2021/03/30

レジ袋から考えよう・・・・!

Tweet ThisSend to Facebook | by asahi-ah
 昨年7月より、スーパーをはじめ、全て店でのレジ袋が有料化されました。これまで当たり前と思っていたレジ袋が有料になったことに、当初は違和感を覚えた人も多いと思います。では、レジ袋有料化となった背景は、ご存じでしょうか?

  
 スーパーの店頭には、有料化の掲示、・・・・・・エコバックを持つ人も増えました!
  
 政府が有料化へのポイントとして強調するのは、国内のプラスチックごみを削減することよりライフスタイルを見直す機会を作ることだそうです。普段何気なく手にしていたものが有料になることで、購入してまで必要なものか否かを考えるようになって欲しい・・・・。一人の人間が1年間で消費するレジ袋の平均枚数が、300億枚を超える!日本において、「レジ袋から見直し、ゴミを出さない生活を考えよう!」と言うものだそうです。 

  
 レジ袋をはじめ、身の回りにはプラスチック用品が一杯・・・・・・プラスチックが環境を汚染、そして微生物へ

 
近年は欧州を中心に、ごみを出さないサーキュラーエコノミー (廃棄物を出すことなく資源を循環させる経済の仕組み)を取り入れる企業や自治体が増えてきています。ペットボトルを例に挙げるなら、使った後に再利用する… というより、ペットボトル自体をゴミとして出さないようにする(洗って再利用する)動きが活発化しているのです。

  
 レジ袋で描かれた世界地図・・・・・プラスチックはプランクトン等を介して人間の体にも取り込まれます!

  
 ちょっとした所でのゴミのポイ捨てを目にします・・・・・目の前から消えれば、終わりではありませんよね!

 マイクロプラスチックの記事は、こちら⇒ ストローから環境を考えよう!
07:30 | 投票する | 投票数(51) | コメント(0) | 報告事項
2021/03/29

年度末の文書処分作業を実施しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by asahi-ah
 3月下旬、専門処理業者を呼び、学校から廃棄される文書の処理を実施しました。来校したのは巨大なシュレッダーを積んだ廃棄トラック、この日のために収集場所に保管していた文書や書類を搬出し、業者へ引き渡します。

   
 大量の書類や書籍がトラックの脇に運び込まれます・・・・・・・・
  
 廃棄する書類から金属製のクリップ等を取り除き、業者へと引き渡します・・・・・
  
 トラックの中では巨大なシュレッダーが音をたてて動き、次々に書類を粉砕します・・・・!
 

08:10 | 投票する | 投票数(67) | コメント(0) | 今日の出来事
2021/03/29

牛・うし・丑・・・・・!

Tweet ThisSend to Facebook | by asahi-ah
 
 2021年の干支は、丑(うし)です。皆さんご存じのように、牛は草食動物ですが、なぜ草だけ食べてあんなに大きな体を維持できるのか不思議になったことはありませんか?今日は、牛の持つ消化器官について少し勉強してみましょう!
 

 ところで、焼肉屋のメニューに載る①ミノ、②ハチノス、③センマイ、④ギアラ(赤センマイ)は、それぞれ第1胃袋から第4胃袋までの部位を表すことをご存じでしたか?そう、牛の胃袋は、4つあるです。専門家である北海道大学農学部の 小林 泰男 教授 によれば、「ウシの胃は、小宇宙」に例えられるとか・・・・。それでは、4つの胃を駆使する不思議な消化システムについて、今日は説明しましょう! 
 ちなみに4つの胃を持つ動物は、ウシだけではなく同じウシ科の「カモシカ」や「ヤギ」はもちろん、「キリン」など科の異なる動物にも存在するそうです。これらの動物の共通点は、草食動物で、食事の際に一度飲み込んだ食べ物を吐き戻して何度もかみ直す「反芻(はんすう)」という消化行動を取ること・・・・。では、反芻と4つの胃袋にクローズアップしてみよう!

 
 
 学校のヤギたちも、動物園のキリンも反芻動物で、胃袋は4つ・・・・・・・!

 ウシが持つ4つの胃のうち、第一の胃(ミノ)と第二の胃(ハチノス)には、7000種以上の「微生物」が存在しており、食べたものを微生物の力で分解・発酵させます。その間に行われる反芻は、食べたものの消化性を上げるために行われます。ウシの食べる植物の細胞は、動物の細胞とは異なり「細胞壁」と呼ばれるセルロースで被われており、そのままでは動物は消化できません。そこでウシは、この消化を微生物に頼るのだそうです。
 微生物に分解され易くすることを反芻の目的としているのなら、飲み込む前に噛む時間を長くすれば良いだけのようにも思える。何故、一度飲み込んだものを吐き戻して再び細かくする必要があるのでしょうか。
 前述の
小林教授によれば、「それだとたくさん食べられないんです。少し噛んで飲み込んで、またもどして噛んでと繰り返すことで、消化されやすい部分から先に消化していると思われます」とのことでした。

 
 
 日頃のんびりと牧草を食んでいる体内で、恐るべき消化システムが働いています!
 
 ウシの口の大きさには限界がある一方で、成長したウシの第一の胃の大きさは、ドラム缶位のサイズになります。まずは最低限、微生物が分解できるレベルにまで植物を噛み砕き、その巨大な胃に収納して微生物が分解できるものから順に、栄養に変えていく。その間にも、次々に植物を口に放り込んでは、飲み込み、分解を進めて分解されにくい構造が残ったら、いったん吐き戻して、もう少し分解しやすいように細かく噛み砕き、再び飲み込んで消化する。この過程を繰り返すことで消化しにくい植物からでも、効率よく大量の栄養を摂取することが可能になるのだそうです。

 
 
 第1の胃ドラム缶
(胃全体の80%)ほどの大きさだそうです・・・・・第2の胃(胃全体の5%)反芻の為に収縮します!

 ウシは、1日24時間の内12時間近くを食事に費やしているそうです。また、第一の胃と第二の胃の境界はわかりにくく、ほぼ一体化しています。この第二の胃が、ポンプのように収縮することで、胃の中にある食べ物を吐き戻して反芻するのだそうです。
 第三の胃(センマイ)の役割は、せいぜい水を吸収したり、第二の胃までに細かく分解しきれなかった大きな粒子が、誤って下流に流れ込むのを防いだりする機能を果たすだけですが、第四の胃(ギアラ)では、私たちヒトの胃と同じようにタンパク質分解酵素「ペプシン」が分泌されタンパク質をアミノ酸に分解し、小腸などで吸収されて消化が完了です。

 
 
 第3の胃(胃全体の7%)次の胃に流入する量を調整、第4の胃(胃全体の8%)の大きさで、唯一胃液を分泌します!

 ただし、ウシは基本的に草食。いったいどこから第四の胃で分解されるタンパク質がやってくるのだろうか「エサと一緒に、増殖した微生物が流れてきて分解されます。胃で増殖した微生物が、ウシのタンパク源となるのです。これがまた面白いところですね」小林教授)。ウシの胃の内部は、一定温度で微生物のエサとなる植物もひっきりなしに供給されます。つまり、胃の中では微生物は増殖し放題。ウシは、こうして体内で育てた微生物を、自らのタンパク源として糧とする。ある意味、究極の自給自足なのだそうです。
 
 
 
 複雑な消化システムのおかげて、乳牛は良質なたんぱく質である牛乳を産出してくれるのです!
 ウシがただ生きるだけであれば、自分の体内で増殖した微生物を消化するだけで、必要なタンパク質は十分まかなえるそうです。しかし、乳牛として飼育されているウシは、1日数十キロものミルクを出さなければならないため、微生物由来のタンパク質だけでは栄養的に不足してしまいます。そのため飼育の際に、エサにタンパク質を添加することも・・・・・・!

  
 肥料となるクローバーの畑・・・、草を効率的に消化しつつ微生物により栄養価を高める消化システムなので~す

08:00 | 投票する | 投票数(65) | コメント(0) | 今日の出来事
2021/03/28

先輩が全国で3位に・・・・!

Tweet ThisSend to Facebook | by asahi-ah
 
 本校を卒業し、県立農業大学校へ進学した小林さんが全国農業大学校等プロジェクト発表会・意見発表会へ千葉県代表として臨み、見事「特別賞(3位)」を獲得したという嬉しいニュースが飛び込んできましたので、ご紹介します。


  
 PDFファイルでご覧になられる方は、こちら⇒ 20210325_Chibanippou_NP.pdf

 小林先輩は大会出場を前に、本校畜産科の生徒とWebによる授業を実践した経験を活かして見事今回の快挙を達成したとのことです。自己の夢に向かって頑張る先輩の姿を見て、皆さんも負けずに頑張りましょう!

 本校生徒とのWeb授業のようすをご覧になる方は、こちら⇒ Webで交流授業・・・・・!

  
 本校を代表して意見発表部門で3位(左端)となり、表彰を受けました!・・・こちらは審査のようす
 
 千葉県農業クラブ連盟研究発表大会のようすをご覧になる方は、こちら⇒農業クラブ連盟研究発表大会
08:30 | 投票する | 投票数(68) | コメント(0) | 今日の出来事
12345