校訓

真 剣 努 力
愛 汗 親 土
     「土に親しみ汗を流す心構えで,何事にも真剣に努力しよう」という精神
 

平成30年度 学校経営の方針

1 教育目標

   逞しい意思・香しい知性・豊かな情熱の陶冶と自主・自立の精神の涵養を図ることによって,
  将来社会に貢献し得る,心身ともに健康な生徒を育成する。


2 目指す生徒像
  「心身ともに健康で,社会人として必要とされる基礎的な力を身につけた生徒」

 (1)しっかりと話を聞き,はっきりと自分の気持ちや意見を伝えることのできる生徒
 (2)マナーやモラルを守ることのできる生徒
 (3)夢の実現や目標達成のために,自分を鍛え,努力する生徒


3 目指す学校像
  「安全・安心で生徒・保護者・地域に信頼され,地域とともに歩む学校づくり」

 (1)わかる授業の展開や実体験からの学びを推進し,一人一人の学力を向上させる学校
 (2)生徒を励ましながら,きめ細かく生活指導する学校
 (3)実践的なキャリア教育を行い,生徒の自己実現に取組む学校
 (4)教職員が協力し,生徒のために汗を流し,学校改善に取り組む学校


4 目指す教師像
  「常に学校改善を意識し,”認め合い,助け合い,高め合う”活力のある職員集団」

 (1)生徒一人一人を大切にし,その長所や可能性を伸ばす教師
 (2)専門職としての自覚を持ち,今日的な課題解決に向けて互いに研鑽に努める教師
 (3)学校教育目標実現のため,組織的・計画的に課題解決に向けて取組む教師


5 学校経営の基本方針

    地域連携アクティブスクールの理念を基本に,地域の教育力を活かすとともに,
  本校の教育資源を地域に還元する地域一体型の教育活動を推進する。


6 今年度の重点目標

 (1)地域連携アクティブスクールの取り組みを精査し、平成32年度にスタートする工業基礎コースの準備を行う。
  ①学び直しの時間(ステップアップタイム)の充実。
  ②地元自治会や企業,小中学校,行政機関等と連携したキャリア教育。
  ③アクティブスクールをはじめとする教育活動を積極的に紹介し,広報活動に努める。
  ④工業基礎コースの教育課程作成及び実習室の設計を行う。


 (2)知・徳・体のバランスが取れ,「生徒が意欲を持ち,主体的に考え,協同する」力を育む教育を推進する
  ①「やればできる。やったらできた!」を実感できる学習指導の展開
    ・わかる授業,個に応じたきめ細かな授業,生徒が参加する授業を展開する。
    ・『授業中の14項目の心構え』を積極的に活用し授業規律の確保に努めるとともに,
    『主体的・対話的な活動』を促す。
    ・農業体験などの実体験を重視した学習活動を展開する。
  ②「ダメなものはダメ」という毅然とした指導と支援的指導の調和のとれた生徒指導
    ・挨拶の励行,マナーの向上等,規範意識の醸成と自己を律する心を育成する。
    ・いじめ防止基本方針をもとに,いじめの未然防止・早期発見・早期対応を図り,学校教育全体を通じて
     「いじめゼロ」に取組む。
    ・関係機関と連携した特別支援教育を推進するサポート体制を充実させ,生徒理解に努める。
    ・教職員の共通理解,共通行動による組織的な対応ができる生活指導体制を作る。
  ③清和大学生による学習サポートボランティアを活用し、基礎学力の向上を図る。
    ・首都大学東京と防災学習の連携を行う。
    ・地元小中学校と福祉教育の連携を図る。
            ・地元小中学校との部活動や行事の連携を図る。
  ④100%の進路実現を目指す進路指導とキャリア教育の充実
    ・正しい職業観,勤労意識をはぐくむキャリア教育を,3年間を見通しながら,組織的,計画的,継続的に行う。
    ・キャリア教育の充実に向け、行政機関、地元自治会や社会福祉協議会などの協力や支援受け,
    実践的なキャリア教育を推進する。
    ・社会参加のスタートとして,地元自治会や行政機関と連携し,ボランティア活動を推進する。
  ⑤健康・安全な教育環境づくり
    ・自他の生命を大切にし,健康で安全な生活を実践するための健康・保健指導の充実を図る。
  ⑥特別活動と部活動の活性化
    ・部活動の加入促進と活動の充実のために部活動顧問会議を活用して,生徒・職員が
    達成感・成就感を味わうことのできる活動を推進する。

 (3)常に学校改善を意識し,”認め合い,助け合い,高め合う”活力のある職員集団
  ①教職員同士が互いに声を掛け合い,助け合うことにより風通しのよい職場環境作りに努める。
  ②今日的課題に対応するために校内研修や若手教員チームの活性化をすすめ,教職員の資質や
   能力の開発・向上を図る。
  ③学校評価,人事評価等を効果的に活用し,職務能力の向上と学校運営への参画意識の醸成を図る。
  ④危機管理意識を高め,モラールアップ委員会を中心に対応し,不祥事を根絶する。