校長挨拶

ようこそ、四街道北高校HPへ!

   千葉県立四街道北高等学校に本年度着任しました。
本校の第一印象は、「校舎の隅々まで清掃が行き届いている。」,「生徒の服装がきちんとしている。」,「あいさつを元気よくしてくれる。」というものでした。
 どの生徒も真剣に授業に集中し、集会でもきちんと人の話を聞いてくれます。「当たり前のことを、当たり前にできるようにする。」教員一人一人にそんな信念が感じられる学校だと思います。
 本校の校訓は「求全・協和・自強」です。「求全」は、「全てを求める。完璧を目指す。」という意味です。「協和」は、「思いを同じくして力を合わせる。」という意味です。「自強」は、「自分に強いる。」
 つまり、「人から言われなくても自分で努力する。」という意味です。そういう人材を育てよう。創立以来変わらない目標です。                              

 さて、高等学校は義務教育ではありません。勉強しようと希望する者が、自分で学校を選んで入学します。高校は、より良い変化(成長)を求める者が通う場所だといえます。本校では、よりよい授業はもちろんのこと、落ち着いて授業に集中できる環境を整えることにも全職員が努力しています。
 例えば、学習に集中できる環境をつくるため、毎日2回「マナータイム」を設け、「学生らしい着こなしと言動。学習に必要なもの以外は机上に置かない。携帯電話等は鞄の中にしまう。」などを指導しています。
 また、基本的な生活習慣も含めて,指導の徹底のため段階的な指導を行っています。これは、イエローカードから始まり,レッドカード,特別指導と段階を踏んで強い指導をしていくものです。謹慎となることもあります。
 学習面では、わかりやすい授業、きめ細かな指導を心がけ、数学、英語を中心に少人数の授業を展開しています。基礎力の定着のために、すべての学年で、「学び直し、トレーニング」を帰りのホームルーム前10分間、木曜日を除く毎日実施しています。
 四街道北高校は、まじめに努力する生徒が、安心して授業や学校行事、部活動に集中できる落ち着いた学校です。学校説明会や文化祭に是非来てください。良い学校だと感じていただけると思います。

 皆さんの大きな夢に向かっての基礎づくりを本校で実現してください。 

 

校長ブログ

校長ブログ
一件も該当記事はありません。