千葉県立四街道特別支援学校
本校は病弱教育を専門とする県立学校です
 

訪問指導

訪問指導

 

 児童生徒の疾病・実態に応じ、毎日の登校が困難な生徒については、個々に応じた教育課程を編成し、家庭や病院に教員が訪問して週3回(1回あたり2時間)の指導を行っています。また、病院と連携を密にとり、主治医の判断により、可能であれば登校してスクーリングを行います。

学習は対面授業の他、状況によりテレビ会議システム等を活用して進められます。学校のWeb室とつないで教科の学習をしたり、教室とつないで同学年の児童生徒の学習に参加したりする場合もあります。理科の実験や音楽の授業など、病院や家庭では実施するのが困難な内容も、画面を通して体験できます。その他にも高等部では、現在オンデマンド型の授業教材の活用を試行しています。一人一人の病状や置かれた状況に配慮し、多様な内容や方法を工夫しています。

最近3年間の訪問学級在籍数(途中転入、転出含む)は次の通りです。

 

 

 小学部

 中学部

 高等部

訪問先

自宅

病院

自宅

病院

自宅

病院

H25年度

   

 

 

 

 

 2

H26年度

 1

 

 

 

 1

 6

H27年度

 1

 

 1 

 1

 3

 6