千葉県立四街道特別支援学校
本校は病弱教育を専門とする県立学校です
 

校長挨拶

 ようこそ、千葉県立四街道特別支援学校のホームページにお越しくださいました。
 本校は、千葉県に二校ある病弱教育をになう特別支援学校のひとつです。
 創立は昭和40年であり、すでに52年目の歴史を歩んでおります。
 これまでの長い歴史では、常に独立行政法人国立病院機構下志津病院との連携がありました。
 病院に入院する小学部から高等部までの12カ年の児童生徒が元気に学ぶ学校として存在して
きました。現在は、日本医科大学千葉北総病院に院内学級を設置したり、成田赤十字病院等に
訪問指導をするなど地域の病院との連携も深めています。
 医療が高度に発展する現在、入院する児童生徒数は減少傾向にありますが、地元の学校に
通うことができない児童生徒のために教育相談や通級指導など新たな取り組みにチャレンジして
おります。
 昨年度から文部科学省研究開発学校の研究指定をうけ、遠隔地の病院等に入院している
児童生徒の教育の在り方についての取り組みをスタートしました。
 新しい事柄にチャレンジしながら、病院・地域・家庭の皆様方と連携を深めながら、
病弱教育の充実に取り組んでまいりたいと思います。
 よろしくお願いいたします。


<6月のご挨拶>
 5月は記録的な暑さが続き、体調管理も大変であったと思います。
 今月、6月は「梅雨」の季節となります。日本の四季の中で
毎年繰り返し経験するものではありますが、一層、体調管理に
努めていきたいと思います。
 本校では、5月と6月は修学旅行や校外学習など校外での
活動がたくさん計画されています。一つ一つの行事を児童生徒が
楽しく、そして有意義なものとして実施できるように注意しながら
実践していきます。そのほかには、中学生や高校生は中間試験が
まっています。自分の学習の成果を十分に発揮してほしいです。
 あっという間に夏季休業になります。有意義な6月にしましょう。
 
            
                        校長 日 暮  和 弘