千葉県立四街道特別支援学校
本校は病弱教育を専門とする県立学校です
 


本校の支援 

1.全県の病弱教育(院内学級・訪問教育,通常学級)への支援

 県内全域から病気の児童生徒に関する相談を受け、支援を行っています。
 また、病弱教育に関係する特別支援学校、院内・訪問学級と「病弱教育連絡協議会」を組織し、情報交換、研修会等を行い、連携・協力により地域支援ネットワークの構築に努めています。
 近年、通常学級にいる病弱の児童生徒の教育的ニーズを踏まえた支援体制をどのように整備するかが 大きな課題であることから、小・中・高等学校へのリーフレットや支援冊子も配付を行い、特別支援教育の理解啓発に努めています。


2.市内(近隣)幼・保・小・中・高等学校への支援

「四街道市特別支援教育連絡協議会」を軸に、近隣の幼稚園、保育園、小・中・高等学校との相談支援システムを生かして支援を行っています。
 また、相談に応じて各機関、学校の研修会に参加したり、本校の研修会に参加を呼びかけたりすることで積極的に理解啓発活動に取り組んでいます。

3.教育相談による支援

 特別支援コーディネーターを中心に、電話、来校、訪問、メール等で個別の教育相談に応じています。内容は一般疾患のほか、精神疾患、発達障害に関することなどが多く、問題行動等に対する具体的アドバイス、他機関の紹介等のコーディネート、発達検査を実施して具体的指導を助言するなどの対応をとっています。本校での就学につながったケースも多くあります。