千葉県立四街道特別支援学校
本校は病弱教育を専門とする県立学校です
 

病気や障害の多様化を踏まえ、心身の状態及び能力や適性に応じて基礎的・基本的な学力を培い、一人一人の可能性を最大限に伸ばし、豊かな心を持ちたくましく生きる力を育み、主体的に社会参加・自立する児童生徒を育成する。


(1) ねばり強くやりぬく子・・・(体)
 
自らの健康管理に努め、目標に向かってねばり強くやり遂げようとする児童生徒

(2) すすんで学ぶ子・・・・・・・(知)

 
学習や生活に自主的・主体的に取り組み、問題や課題を発見し解決していこうとする児童生徒

(3) 心豊かな子・・・・・・・・・・(徳)
 
感動や思いやりの心が深く、豊かな心情を持ち、みんなと協力して生活を向上させていこうとする児童生徒

 (1)児童生徒の発達段階、病気や障害の特性等に応じた教育課程の編成をし、児童生徒一人一人の教育的ニーズに応じた教育活動に取り組む。
 (2)学校教育目標を達成するために、全教職員が病弱教育における専門性の向上を図って、組織的に協働して教育活動にあたる。
 (3)国立病院機構下志津病院,日本医科大学千葉北総病院をはじめとする医療機関との「連携と信頼」のもと、病弱教育における基盤の充実に取り組む。
 (4)地域のセンターとしての役割を推進するとともに、関係機関との連携・支援を通して特別支援教育の充実に取り組む。
 (5)学校・病院・家庭・地域との連携・協力のもと、開かれた学校づくりに取り組む。


(1) 児童生徒一人ひとりの状態を把握し、それぞれの能力の伸長を図り、生きる力を育む。

       体験・感動・成長
 
(2) 生涯にわたる健康基盤をつくり、自己肯定感を高める。
 
            
       健康・自信・誇り

(3) 自己理解を深め、自立した社会参加を目標にした教育に努める。

       理解・自立・キャリア

(4) コミュニケーション及び人との関わりを広げ、豊かな心を育む。

       つながり・協力・道徳