千葉県立四街道特別支援学校
本校は病弱教育を専門とする県立学校です
 

センター的機能

 
 

  学校教育法等が改正され、平成19年4月からそれまでの「盲・ろう・養護学校」は「特別支援学校」となりました。
 それにあわせて、地域の小・中・高等学校に在籍している障害のある幼児・児童・生徒に対して、特別支援教育に関する助言・援助、保護者等からの教育相談
特別支援教育コーディネーターとの情報交換等を行うなどの新たなセンター的機能が位置づけられました。
 
本校では、従前の障害種別の教育(病弱教育)で培った専門性を基盤として県内を対象に、関係機関との連携を図りながらセンターとして機能の充実教育、医療、保健、福祉、労働等の関係機関との連携・協力により地域支援ネットワークの構築に努めています。