現在緊急の連絡はありません
 

気象変災時及び交通機関不通時における生徒の登校について

1 午前6時現在で,次の(1)又は(2)のいずれかに該当する場合は,自宅待機とする。

(1)大雨警報・洪水警報・暴風警報・大雪警報のいずれかが,旭市または居住する市町村に対して発令中の場合(特別警報も含む。)。

 (2)総武本線の干潟駅を含む区間または登校に利用している公共交通機関が不通の場合(登校に公共交通機関を利用しない者は除く)。

ただし,午前8時30分までに,上記1の(1)及び(2)が解除(開通)した場合は,安全に配慮して登校すること。

2 午前8時30分以降に学校の運営予定をインターネットホームページ(下記のアドレス)に掲示するので閲覧し,その指示に従うこと。

また,午前10時に,学校の運営状況確定版を掲示するので閲覧し,その指示に従うこと。

※午前10時に回復しない場合は,生徒は自宅学習とする。

※授業が実施される場合は安全に配慮して登校すること。

3 登校に際しては,途上の安全に十分に配慮すること。安全上,登校が困難と思われる場合は,特別に配慮する。

 (1)やむを得ず遅刻した場合は,当該授業を公欠とする。

 (2)登校困難と思われる場合は,1日を公欠とする。

4 生徒の在校時においては,非常変災などに係る情報収集を行い,臨時職員会議で審議し,決定する。在校時に警報が発表された場合及び警報発表が予想される場合は,学校待機を原則とする。警報解除後,交通機関,帰宅経路及び生徒の居住地域等の安全を確認の上,帰宅させる。


   生徒の登校について