情報コースについて

コースの概要

    2年次からコースを設置
     1学級(最大40名).1年次に希望者を募集. 

   16単位の情報科目(教育課程)
     1年次の「社会と情報」(2単位)を含めて,合計16単位.じっくり時間をかけた学習が可能です. 

   情報科目はティームティーチング
     1科目を2名で担当.個人個人の進度に応じた積極指導を心がけています.

情報コースの姿勢


普通科「情報コース」としての独自性

佐倉南高校では,既存の商業系・工業系情報学科とはひと味もふた味も違った情報コースをめざしています.それは,商業・工業といった教科の枠にとらわれる必要がない「普通科」のコースだからです.したがって,検定合格が主目的ではなく,いかにコンピュータを活用するかが重要であると考え,それを実現できるようなカリキュラムを設定しました.


豊富な情報科目の単位数

他校の普通科情報コースに比べても,情報科目の単位数(1週間に学習する時間数)が大幅に増加しています.したがって,じっくり時間をかけた学習が可能です.さらに,情報科目は複数教員によるティームティーチングですから,質問にも即応でき,個人個人の進度に応じた適切な指導が可能です.

ITの活用

    自己表現手段の1つとして
     コンピュータを道具として使いこなせるようになることが目標 

  コミュニケーション手段として
     プレゼンテーション技術の習得
     インターネットの活用 

  多様な情報源として
     インターネットをはじめとした多様な情報源を活用,的確な情報選択能力を身につけることが目標

授業展開


    希望進路の実現

      情報系大学/短大/専門学校への進学や,将来の事務系への就職も視野に入れたカリキュラム

    資格取得
      2年次に日本情報処理検定協会主催 日本語ワープロ検定(3級以上)を受験.
      3年次に日本商工会議所主催 PC検定(文書作成)3級を受験.

東京情報大学との連携教育

 
  佐倉南高校は,東京情報大学との間で情報教育に関する高大連携を行っています。

   東京情報大学の授業聴講

      本校の授業の一環として,週1~2回東京情報大学の授業に参加(希望者)

   連携授業の実施
      大学のゼミを見学
      大学教員による特別授業
      大学生に対するプレゼンテーション実習
      大学生から高校生に対するアドバイス

推薦による進学


  東京情報大への優先的な入学

    本校情報コースで一定の成績を修めた生徒は,協定校推薦により東京情報大学に優先的に入学可能