お知らせ

合同避難訓練
 7月15日(金) 火災を想定した合同避難訓練を行いました。さくら分校の生徒には、事前に避難訓練を行うことは知らされてはいませんでしたが、早く行動ができました。
 今日は、あいにく雨天だったため、体育館への避難となりましたが、実際に火災や地震が起きたときには、学校の場合、避難する場所は広くて安全なグラウンドとなりそうです。 


どんな時でも冷静な判断と確実な行動が大切です。
 

お知らせ

さくらの森ベーカリー販売予定
 今年度も「さくらの森ベーカリー」では、新しいメンバーでおいしいパンをつくろうと頑張っています。1学期は6月22日(水)、24日(金)、28日(火)、29日(水)の4日間、佐倉南高校の生徒および先生向けにパンの販売会をいたします。ぜひお買い求めください。  
 

お知らせ

防災訓練を合同で実施しました。
 
12月18日(水) 防災訓練を実施しました。火災を想定した避難訓練、水消火器を使った消火訓練、救助袋による降下訓練と盛りだくさんでした。 
     
 

お知らせ

書初め
本校の書道の伊藤教諭が、さくら分校に書初めの指導に出向きました。
今年は「新春の朝」を書きました。                                                
  
        
 

お知らせ

佐倉南高校文化祭(南櫻祭)に印旛特別支援学校本校・さくら分校が参加
9月13日(金)・14日(土)に行われた南櫻祭に印旛特別支援学校本校・さくら分校が参加してくれました。手作り品や農園で育てた花や野菜の展示販売がされました。

   
 

お知らせ

避難訓練
7月18日,避難訓練がさくら分校と合同で行われました。

地震発生の報せをうけて、生徒たちは机の下に隠れ、その後すみやかに校庭へ避難しました。大勢の生徒がともに生活する学校で、もっとも大切なのは、みんなが連携して行動することだと実感しました。
生徒にとっても、教員にとっても、学校での自分の役目を再確認する良い機会になったと思います。

ご家庭でも、避難経路を確認する、防災グッズを準備するなど、
防災に対する意識をいっそう高めていただきたいと思います。


ぼうさいくんれん
 

お知らせ

さくらの森ベーカリーのパンの試食会開催
さくら分校のフードコースの皆さんが佐倉南高校での販売の前に試食用のパンや焼き菓子を届けてくれました。
たくさんの焼き立て・作り立てのパンや焼き菓子が届き、おいしくいただきました

生徒向けの販売は、6月26日(水)、28日(金)、7月2日(火)、3日(水)の放課後が予定されています。

   
 

お知らせ

さくら分校の授業見学
5月21日、22日に、佐倉南の先生がさくら分校の授業を見学しました。
コース実習(フードデザイン・メンテナンス・農園芸)や保健体育の授業、情報・数学の授業を見学しました。
本校でも10月に授業公開週間が予定されています。
その期間を利用して、さくら分校の先生方にも佐倉南の授業を見学していただきたいと思います。

  
 

お知らせ

さくらの森ベーカリー
(さくら分校との連携・佐倉南でのパン販売)
 
 

さくら分校による放課後のパン販売が始まりました。
おなかの減った放課後に、焼きたてパンが味わえます。

初日の昨日は、
ホームページ用の写真を撮りに行った15:40には完売。

大人気のため、あっという間に売り切れのようです。
 

お知らせ

さくら分校との連携
平成25年1月10日,佐倉南高等学校の書道の伊藤先生による,分校生徒への「かきぞめ」指導がありました。
昨年12月に引き続き2回目です。

書く字は「自然の美」です。
分校の生徒達は,伊藤先生の説明を漏らさず聞き取ろうと真剣な面持ちで聞き入っていました。
その後,字を書き始めましたが皆とても一生懸命に取り組んでいました。

納得のいく作品が出来上がったでしょうか?
少なくとも,指導を受ける前と後とでは,どの生徒もとても上達したようです!
以下はその時の様子です。
  

  
 

お知らせ

防災訓練
12月19日,さくら分校との合同で防災訓練が行われました。

まずは校舎内の火事を想定した全校生徒による避難訓練,その後1学年とさくら分校では降下訓練,2学年と3学年では消火訓練を行いました。

 
 

消火訓練では実際に消火器を用いて火を消しました。
さlくら分校の生徒達は見学をしました。
その後,分校生徒達は避難用の滑り台を用いた降下訓練に参加しました。

実際に体験してみなければわからないことがたくさんあるものです。
訓練の大切さを感じた日でしたね。
 

お知らせ

さくら分校との連携
12月13日,さくら分校との連携の一環として本校教諭がさくら分校の生徒に書初め指導を行いました。
書初め指導は1月にもう一度行われます。
今後もさまざまな形で連携できるといいと思っています。

  
 

お知らせ

さくら分校授業錬磨の日
12月5日はさくら分校授業錬磨の日で公開授業でした。
本校からも職員が授業見学へ行きました。
フードデザイン室でパン作りが終わった後の片付け等を参観しました。
また,農園芸コースでは教室で活発な意見交換を行っていました。
分校の生徒達は,礼儀正しく,しっかりと授業に取り組んでいました。
  
 

お知らせ

他県の特別支援学校の分校を併設する高校の視察
11月21日,新潟県立川西高等学校と新潟県立小出特別支援学校ふれあいの丘分校から教頭先生をはじめ3名の先生が学校視察に来校されました。
川西高校も本校と同じように特別支援学校の分校を開設している学校です。
さくら分校を視察され,その後,佐倉南高校とさくら分校の連携・交流の取組について話を聞かれ,お互いの様子を情報交換いたしました。

 
 川西高校の学校案内      ふれあいの丘分校の学校案内
 

お知らせ

さくら分校との交流学習
11月13日(火)5,6時間目,さくら分校フードデザイン室で,さくら分校生徒と佐倉南の生徒が,家庭科(生活産業基礎)の交流学習を行いました。
内容は,ピザパンを実習で作ることです。佐倉南の生徒は,さくら分校の生徒からパン生地の作り方から教わりました。
パン生地を発酵させている間,食物に限定した「しりとり」をしました。
ピザパンはおいしく焼き上がり,みんなでおいしくいただきました。

  
生地をこね方を分校生徒から  「しりとり」をしている様子      終わって床の雑巾がけ      
教わっている様子
 

お知らせ

いんば祭り
10月12日、生徒会役員および合唱部の生徒は、県立印旛特別支援学校のいんば祭りにご招待いただきました。

さくら分校の生徒さんたちとは、南櫻祭や体育祭でも一緒に活動しましたが、
今日は本校を訪問ということで、最初はやや緊張していたようです。


    【元気よく自己紹介】        【合唱部による「君をのせて」披露】

   【中学部の発表を楽しむ】     【特別支援学校生徒会による学校案内】

合唱部の発表には盛大な拍手をいただきました。
一緒に踊ったり、仲良く校内を見学しながら色々な作品を紹介してもらったり、
とても楽しい時間を過ごしました。
ぜひ、今後も、そして来年のいんば祭りでも、佐倉南高校の生徒と交流してもらいたいと感じた様です。

印旛特別支援学校の皆様、ありがとうございました。
 

お知らせ

先日、新しい花が加わりました。
鮮やかな紅色が長く続く、「千日紅」。
今回植えていただいたのは、紫色がきれいです。
代表的な花言葉は、変わらぬ愛情・永遠の命・不朽・不滅・安全・・・など。


4月から始まったさくら分校のみなさんとの生活も、もう半年が経ちましたね。
(10月8日)
 

お知らせ

体育祭
10月5日は晴れました。グランドと体育館で体育祭が行われました。
印旛特別支援学校さくら分校との合同行事です。
悪天候が続き開催が危ぶまれましたが、運動部のみなさんや体育科の先生方が早朝からグラウンド整備をしてくれるなど、縁の下の多大な支援があったおかげで、無事に全日程を終了することができました。

午前は球技、午後は陸上競技を中心とするプログラムでした。
本日の分校の参加種目は「クラス代表徒競走」「クラス対抗リレー」「パフォーマンスリレー」です。
クラス対抗リレーでは残念な結果となりましたが,分校のアンカーがトラックを走っている時,本校の生徒達が大きな拍手で応援していまいた。その様子を見て,本校の生徒達に心温かな気持ちが内面に育成されていることを感じました。


清々しい秋晴れの下、両校の生徒たちは元気な声を上げながら、学年の差なく体力と技術を競い合いました。
ご苦労様でした!

  

  

  

  
 

お知らせ

体育祭
10月4・5日体育祭が行われました。
今年度開設された印旛特別支援学校さくら分校の生徒も両校の交流事業として一緒に参加します。

10月4日は前日の雨であいにくのグランドコンディションだったため、体育館で長縄を行いました。

さくら分校も佐倉南の生徒も頑張っていました。
全員の息を合わせながら続けて縄を飛ぶのはとても難しいですが、みんなで声を出してリズムをとって気持ちを一つにしていました。

日頃の練習の成果を発揮することができましたか?

  

  
 

お知らせ

さくら分校の先生による佐倉南高等学校の授業見学
10月1日から今週は佐倉南高校の先生同士の授業見学期間でした。
この期間を利用して,さくら分校の教頭先生にも佐倉南の授業を見学していただきました。
これもさくら分校・佐倉南の両校の連携事業の一環です。

  
 

お知らせ

佐倉南高等学校の文化祭(南櫻祭)
9月14・15日の文化祭にに印旛特別支援学校も参加しました。
印旛特支の本校と分校のそれぞれの作業班が作製した品物の販売が行われました。

  

   
 印旛特支の展示即売会の会場です。                表彰の様子です。
                                       特別賞を受賞しました。
 

お知らせ

さくら分校による佐倉南の生徒へのパンの試食会
さくら分校の生徒によるパンの試食会が,以下の日程で,佐倉南の生徒に対して行われています。
・9月 5日(佐倉南の1年生へ)
・9月 7日(佐倉南の2年生へ)
・9月11日(佐倉南の3年生へ)の3日間


「さくらの森ベーカリー」お店の名前です。(^o^)
昼休みにパンが整理券と交換で佐倉南の生徒に渡されました。
生徒達は,パンを試食してアンケートを書きました。
パンはとてもおいしく,たいへん好評のようです絵文字:笑顔

  
おいしそうなパンが並んでいます   パンを受け取ります      試食をしている様子

  
アンケートを書いている女子   アンケートを書いている男子    おいしそうに食べています
 

お知らせ

さくら分校の生徒さんが育てている花たちを,昇降口や職員玄関に置いていただいています。
先日まではバーベナに続き,今回はマリーゴールドです。
太陽を連想させるきれいなオレンジ色です。



プレートには花言葉が書いてありますが,その一つは「健康」。
生徒の皆さん,クーラーで冷えないように気をつけましょう。(平成24年7月5日)
 

お知らせ

プランター「花名:バーベナがさくら分校の生徒達によって昇降口に飾られました!

さくら分校の生徒達の手で育てられた「バーベナ」が昇降口に置かれ色とりどりの花を咲かせています。
これらは
校門下のビニールハウスで苗から大切に育てられたものです
佐倉南の生徒に知ってもらうためコメントを添えました。
 

 

お知らせ

さくら分校との連携推進
佐倉南とさくら分校の教員による相互の授業見学の実施
さくら分校の先生が佐倉南高校の授業を見学

さくら分校との連携の一環として,両校の教員がお互いの授業見学を行っています。
5月10日,家庭科生活産業基礎の授業をさくら
分校の先生方に見てもらいました。

  

 


本校では6月5日から11日が授業公開週間となっています。その期間を利用して,さくら分校の先生方に,佐倉南の授業を参観していただきました。


  




佐倉南の職員がさくら分校の授業を見学
5月23,24日には,佐倉南の先生がさくら分校の授業を見学しました。

下の写真は家庭科でエコクラフトの作業を見学している様子です。
  

 

お知らせ

さくら分校生徒による校内清掃実習
さくら分校生徒による校内清掃実習が行われています。

昇降口,図書室前廊下,体育館出入口,階段踊り場などふきをしています。

実習は,将来のための職業訓練の一環として行われています。学校がきれいになるのは嬉しいことですね。分校の皆さんありがとうございます。

  

 

お知らせ

さくら分校主任の先生による佐倉南の先生への職員研修会

さくら分校の現状を理解するため,分校主任の先生による研修会が佐倉南の先生へ5月22日
に行われました
。教育課程,週日課表,授業展開,行事予定,学習活動の様子など多岐に渡って
の説明がありました。


  
 

お知らせ

印旛特別支援学校さくら分校が開校しました

平成24年4月に千葉県立印旛特別支援学校さくら分校が,佐倉南高校内に開校しました。現在,15名の生徒が通学しております。
4月10日には新入生歓迎会が実施され,佐倉南高校とさくら分校の生徒と対面式が行われました。両校は今後も行事等で連携していきます。

   

   

左上  校名プレート     右上  教室の様子
左下  フードデザイン室   左下  廊下の様子      

 

お知らせ

 千葉県立印旛特別支援学校さくら分校が開校 絵文字:学校

 平成24年4月に千葉県立印旛特別支援学校さくら分校が本校の一部施設を使用して開校されました。

  本県の特別支援学校は,児童生徒の増加に伴う教室や施設の不足が課題となっております。分校の開設は,このような現状に対応するため,高等学校の空き教室等を利用することで,不足分の解消を図る,県の施策の一環です。
 分校は,自力通学ができる知的障害のある高等部の生徒を対象としており,1学年16人最終的には3学年48人規模となります。(詳しくは印旛特別支援学校のホームぺージを参照してください)


 さて,分校の開校により,本年度から2つの学校(佐倉南高校,印旛特別支援学校の分校)が同じ学舎で教育活動を行うこととなります。
 しかし,別組織の学校であるので,業は別々に行われるなど本校の教育活動は従来通りに行われます。
 

 なお,本校としては,これを機に,障害を持つ方々への共生の理念を培い,心豊かな生徒の育成をしていきたいと考えております。
 今年は,本校生徒と印旛特別支援学校生徒との共同企画による「文化祭交流」を計画しております。
 
   千葉県立印旛特別支援学校(本校)    千葉県立印旛特別支援学校  ホームページ
   

 ※ 平成23年10月19日,県教委の発表により,名称が正式に「さくら分校」となりました。