会則


南陵会(同窓会)  会則

 

千葉県立佐倉南高等学校

 

            

 

(名称・目的)

第1条  本会は千葉県立佐倉南高等学校南陵会と称し、事務局を本校に置く。

第2条  本会は会員相互の親睦を図り、母校の発展に寄与することを目的とする。

(事業)

第3条  本会は目的達成のため次の事業を行う。

1.会員相互の親睦を図る学年同窓会等の行事の開催

      2.会員名簿の作成、更新

      3.ホームページの運営管理

   4.母校の教育振興に協力する事業

      3.その他会の目的達成に必要な事業

(会員)

第4条  本会は次の会員をもって組織する。

      1.正会員    本校の卒業生

      2.特別会員  本校の現職員及び旧職員

 

            

 

(役員)

第5条  本会に次の役員を置く(常任幹事及び幹事を除く役員を執行部役員とする)

      名誉会長  1名、会長 1名、副会長  若干名、事務局長 1名

   常任幹事  各卒業期から2名ずつ(生徒会役員経験者とする)、幹事 各卒業期から2名ずつ、

   会計 若干名、監査  2名、顧問  若干名

(役員の選出)

第6条  役員の選出は次の方法による。

     1.名誉会長は本校校長を推戴する。

      2.会長、副会長及び監査は正会員のなかから役員会が推薦し、総会の承認を求める。

      3.事務局長、幹事及び会計は会員のなかから会長が委嘱する。

      4.常任幹事は幹事の互選による。

      5.顧問は校長の推薦による現職員及び会長経験者とする。

(役員の任期)

第7条  役員の任期は2年とし再選を妨げない。

(役員の任務)

第8条  役員の任務は次のとおりとする。

      1.名誉会長は本会の会務及び評議に参与する。

      2.会長は本会を代表し、会務を総理する。

      3.副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは、これを代行する。

      4.事務局長は会長の指示に基づき、事務局の全般を統括する。

   5.常任幹事は会長の命をうけて、本会庶務の処理にあたる。

      6.幹事は役員会に出席し、本会の会務にあたるとともに、常任幹事に協力し、

会員との連絡親睦にあたる。

      7.会計は会計事務を行う。

      8.監査は本会会計を監査する。

      9.顧問は本会運営に関する諮問に応ずる。

 

            

 

(会議の種類)

第9条  本会の会議は総会及び役員会とする。

(会議の議決)

10  会議の議決は出席者の過半数の賛成により成立する。賛否同数の場合は議長が決定する。

(総会)

11  総会は毎年1回6月第3土曜日に開催する。ただし、必要ある場合は臨時に開くことができる。

      2.総会は次の事項を議事とする。

            1.会則の変更          2.会長、副会長、監査の承認

            3.事業計画及び予算    4.事業報告及び決算

            5.その他役員会の提出したい議案

(役員会)

12  役員会は必要により会長がこれを招集し、臨時総会を開くことが困難な場合、緊急必要事

    項を審議し、決定することができる。

 

            

 

(経費)

13  本会の経費は会費及びその他の収入をもってこれにあてる。

       会費は、3,000円を入会時に納入し、終身会費とする。

(会計年度)

14  本会の会計年度は4月1日より翌年3月31日までとする。

 

            

 

(委任)

15  この会則に定めるものの他、この会則の施行に関し、必要な事項は会長が定める。

 

                        

 

 1.会員は住所・氏名等に変更が生じたときは、事務局に通知しなければならない。

 2.事務局は、会員名簿の管理及びホームページの掲載情報の作成事務等庶務全般を行う。

 3.この会則施行に関し、必要に応じて細則を設けることができる。

 4.この会則は、昭和61年3月7日より施行する。

 5.平成17年10月1日一部改正し、平成17年4月1日から適用する。

 6.平成23年9月10日一部改正し、同日から適用する。

 7.平成24年9月15日一部改正し、同日から適用する。

  8.平成25年6月15日一部改正し、同日から適用する。

 

 

同窓会慶弔等に関する規程

 

(目的)

第1条  この規程は附則第3項により、学校関係者の慶弔等に関し、必要な事項を定めることを

目的とする。

(慶弔の基準)

第2条  慶弔の基準は別表1のとおりとする。

(経費)

第3条  これに必要な経費は、同窓会費をもってあてることとする。

 

                        

 

 1.この規程は、昭和63年4月1日から施行する。

 2.平成13年9月30日一部改正し、平成14年4月1日から適用する。

 3.平成18年9月30日一部改正し、平成19年4月1日から適用する。

 4.平成24年9月15日一部改正し、同日から適用する。

 5.この規程に準拠できない場合は、別に協議し決定することができる。

 

  別 表1

 

役員、職員

弔 慰

10,000円

 

 

学年同窓会開催に関する規程

 

(目的)

第1条 この規程は附則第3項により、正会員の学年単位の同窓会(以下同期会という。)開催に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(同期会の種類)

第2条 この規程にいう同期会は次のとおりとする。

(1)成人記念同期会(正会員が成人式を迎えるにあたり開催する同窓会)

(2)卒業10周年記念同期会(正会員が卒業して10周年を迎え開催する同窓会)

(3)上記以外の同期会(正会員が卒業して10年を越えて開催する同窓会)

(同期会の開催)

第3条 同期会開催を通じて、会員相互の親睦を図ることにより、以後の同窓会活動が活性化することを見据え、また、既存の会員名簿を更新する機会とし、その目的を達成するため、同窓会活動の一事業として同窓会予算から一定の限度額内で補助金を支出し、毎年継続して開催するものとする。

(開催計画)

第4条 同期会開催にあたり、各期の常任幹事及び幹事は会の発起人となり、同期会開催に向け協力体制を構築する。

(開催場所)

第5条 開催場所は、公序良俗に反しない店舗等を利用する。

(補助金支出の基準)

第6条 同期会開催に対する補助金支出の基準は、別表のとおりとする。

(補助金の請求権者)

第7条 同期会発起人となる各期の常任幹事又は幹事とする。

(補助金の請求方法等)

第8条 補助金請求にあたっての手続きは、次のとおりとする。

    指定された期日までに所定の様式を使用し、事務局へ提出する。

(1)事前届出

開催2ヶ月前までに、同期会開催事前届出(補助金請求)書(様式第1号)に記載された確認事項を了承した上、同様式に従い必要事項を記入し、提出する。

(2)結果報告

開催後1ヶ月以内に、同期会開催結果報告書(様式第2号)を作成し、第三者名義による領収書、参加者名簿(様式第3号)、全体の集合写真(データ)とともに提出する。

(3)補助金の交付

各種書類の提出をもって事務局から補助金の交付を受ける。

(4)幹事代行業者の利用

幹事代行業者を利用して開催する場合の補助金の受領については、別途事務局と調整することとする。

(経費)

第9条 これに必要な経費は、同窓会費をもってあてることとする。

(支出に該当しない場合)

第10条 同窓会予算から補助金が支出できない場合は、次のとおりとする。

(1)補助金の請求権者以外の者からの届出(請求)及び結果報告

(2)各種提出書類の内容に不備がある場合

      附 則

   1 この規程は、平成23年9月10日から施行する。

   2 この規程に準拠できない場合は、別に協議し決定することができる。

 

別 記

様式第1号(第8条第1項第1号関係)

様式第2号(第8条第1項第2号関係)

様式第3号(第8条第1項第2号関係)

 

別表

卒業期

5クラス

6クラス

7クラス

8クラス

9クラス

10クラス

補助金

25,000

30,000

35,000

40,000

45,000

50,000

注:原則として同期会開催1回に限り、同窓会費から補助金を支出する。

注:同期会開催に対して1クラス換算5,000円とし、卒業期のクラス数に応じた額を補助する。

注:補助金は、同期会を開催するにあたりその運営を補助するために使用することとする(施設利用費、通信費等)。