SSH活動報告
123
2017/06/15

INTEL ISEF(国際科学技術フェア)に日本代表として参加しました

| by sakura-h

 JSEC(日本科学技術チャレンジ)2016 でJFEスチール賞を受賞した理数科3年(学年は受賞時)上西里佳、田山智恵が、アメリカ合衆国ロサンゼルスで開かれた INTEL ISEF(国際科学技術フェア)2017にJSEC日本代表チームの一員として参加してきました。
 とても厳しいブース設営チェックから審査日、一般公開日と目まぐるしくもとても充実した1週間を送ってきました。
 受賞はなりませんでしたが、高校生世代の研究の世界基準、日本代表チームのチームワークの良さ、ウェルカムパーティで知り合った海外の生徒との交流、研究とOffのメリハリ(貸切Universal Studio)などを通して、沢山のことを学べたと思います。



写真説明
1→ 審査日の朝、日本代表チームで健闘を誓い合いました。
2→ 審査日では朝から夕方まで審査員とディスカッションしました。
3→ 一般公開日には、全員浴衣姿で発表し、海外の方々から撮影依頼がひっきりなしでした。
4→ 貸切Universal Studioでは、Finalistは深夜まで大はしゃぎしていました。

17:05 | 投票する | 投票数(0) | その他
2017/03/20

千葉県高等学校課題研究発表会

| by sakura-h

3月18日(土)に、市川学園市川中学校・高等学校にて第8回千葉県高等学校課題研究発表会が行われました。本校からは、2年理数科の生徒がポスター発表で参加し、口頭発表の代表として、浅見陽さん、市川玲輝さんが「ヒートアイランドをクールに~ヒートアイランド現象の原因と対策~」というタイトルで発表を行いました。



12:00 | 投票する | 投票数(0) | 発表会
2017/02/06

生徒研究成果合同発表会

| by sakura-h

2月5日に、東京都立戸山高等学校にて、生徒研究成果合同発表会へと参加してきました。本校からは、英語と日本語のポスター発表で3年理数科の「Coloring Anodized Aluminum」の研究、口頭発表では2年理数科の「このガラス、安いんです。~還元雰囲気における銅赤ガラスの作製~」の研究発表を行ってきました。

発表会1発表会2発表会3

10:00 | 投票する | 投票数(0) | 発表会
2017/02/01

SSHシンガポール研修報告

| by sakura-h

1月17日~21日の日程で、2年理数科生徒38名がSSHシンガポール研修へ参加してきました。1日目(17日)は、9時に成田空港に集合し、結団式を行った後、保護者の方々や先生方に見送られながら日本を出発しました。約7時間40分のフライトを経て、無事シンガポールに到着。翌日に備えて、夕食後は各自ホテルで体を休めました。



12:00 | 投票する | 投票数(2) | その他
2017/01/04

高校生科学技術チャレンジでJFEスチール賞を受賞しました

| by sakura-h

 本校理数科3年上西 里佳、田山 智絵の2名がJSEC2016において「アルミラクル ~天然染料を用いたアルマイトの着色~」でJFEスチール賞を授賞しました。その結果、来年5月に米国L.Aで行われる国際学生科学技術フェア ISEF2017に日本代表チームの一員として派遣されることになりました。

 JSEC2016とは、高校生科学技術チャレンジのことで、朝日新聞・テレビ朝日主催の高校生及び高等専門生(3年生まで)を対象とした科学技術の自由研究コンテストです。日本全国から今年は約250強の応募があったようです。審査は専門家の審査委員による、2回の書類審査とそれを通過した30作品によるプレゼンテーション審査で優秀な研究作品が選ばれます。上位入賞者の中から6グループが米国で開催される国際学生科学技術フェアIntel ISEF2017に派遣されます。



◎研究について

 紙に色を着けるように、金属にも簡単に着色したいと考え、アルミニウムへの着色を試みました。一般的には合成着色料が使用されていますが、今回、天然染料(玉ねぎの皮の色素など)を用いた着色方法を確立させました。それは合成着色料には身体に悪影響を及ぼす恐れがある重金属が含まれているものが多いので、天然染料なら安全性が高く、身の回りの生活雑貨等に活かせると考えたためです。

 結果的に、天然染料を用いたアルマイトの着色方法について、どんな色素がどのようにして着色出来ているのか等の結論を出せたことが研究の成果と言えます。 (生徒記)


jsec2jsec3jsec1

13:00 | 投票する | 投票数(4) | その他
123