気象警報が発令された場合の対応について


午前6時の時点で、千葉県北西部または印旛地区に
 ① 大雨警報と暴風警報の両方
 ② 大雪警報
 ③ 暴風雪警報
のいずれかが発令されている場合は、生徒は自宅待機とし、警報の解除(①のどちらか一方が解除された場合を含む)を待って登校すること。
ただし、午前10時の時点でも、①~③の警報が解除されない場合は臨時休業とし、生徒は家庭学習とする。


【備考】
  • 警報発令の有無は公共放送機関(NHK等)のニュースで確認すること。
  • 警報解除後に登校する場合は、危険がないか十分に注意・確認すること。
 

交通機関が運休した場合の対応について


交通機関が運休した場合の日課は、下記のようになるので留意すること。

  1. 事故や天候悪化(暴風雨、大雪等)のため、交通機関が早朝から運行を停止している場合は、運行再開を待って登校すること。
    ただし、京成電鉄の電車が、午前10時の時点でも運行を再開していない場合は臨時休業とし、生徒は家庭学習とする。
  2. ストライキ等による交通機関の運行停止の場合は、下表の1、2によって対応する。
 京成電鉄(電車)JR東日本対 応
(1)午前7時の時点でストライキ継続中(全面運行停止)運行の状況に関わりなく臨時休業とし、生徒は家庭学習とする
(2)正常に運行中午前7時の時点でストライキ継続中(全面運行停止)始業を30分遅らせて授業を行う

【備考】
  • 京成電鉄(電車)、JR東日本以外の交通機関(バス、モノレール等)のストライキおよび、事故等による運休の場合は平常どおり授業を行う。
  • 授業が行われた場合、利用交通機関の運休のため登校できない生徒は、欠席扱いとしない。