千葉県立習志野特別支援学校
郵便番号275-0021 千葉県習志野市袖ケ浦5丁目11番1号
電話番号047-470-7750(代) FAX047-470-7752
メールアドレスnarashino-sh@chiba-c.ed.jp

 
 

学校案内

千葉県立習志野特別支援学校
 本校は、千葉県立八千代特別支援学校から分離し、平成27年4月1日に開校しました。習志野市を通学区とする知的障害のある児童を対象とした小学部単独の県立特別支援学校です。

 

学校教育目標

教育目標

○学校教育目標
自ら学び、心豊かに、たくましく生活する児童の育成
~  たのしく  なかよく  げんきよく  ~

○めざす児童像
 自ら意欲的に学ぶ子
  ・集団生活に積極的に参加する  ・生活に身近な基礎的知識や技能を習得する  ・自分の思いを表現する

 豊かな心を持つ子
  ・進んで挨拶をする  ・返事や応答をする  ・生活上のルールの理解  ・思いやりのある人間関係づくり

 心身ともに元気な子
  ・健康の保持増進  ・体力の向上  ・日常生活の基本的習慣の獲得  ・安全に対応する能力

○たのしく(自ら意欲的に学ぶ子)

○なかよく(豊かな心を持つ子)

○げんきよく(心身ともに元気な子)



○めざす教師像

 めざす児童像実現のために

  ・児童一人一人を大切にし、責任と誇りを持って、チームで指導支援に専念する教職員
  ・家庭・地域と連携して、「みんなで児童を育てる」という強い使命感を持つ教職員
 

学校経営の重点課題(中期目標)

○児童一人一人の教育的ニーズに応え、将来の希望する生き方や進路を模索し、実現の努力を支援する。

○子どもが主体的・意欲的に学ぶ教育課程の編成を行う。

○安全・安心な環境で児童が心身ともに健康で、思いやりや社会性を育み、日々生き生きと活動できるようにする。

○学校運営上のシステムの確立を図るために、校務手引きや各種マニュアル等に基づき、校務の適正な運営を図る。

○スクールクラスター構想に基づき、地域の特別支援教育におけるセンター的役割を果たす。

○地域との連携の強化を図り、地域とともにある学校を目指す。

○教職員の専門性を高めるための研究・研修を行う。

 

本年度の重点事項

1 児童一人一人に応じた学習の充実
 ○「個別の指導計画」「個別の教育支援計画」に基づく学習活動
 ○キャリア発達の視点から、教育内容を整理し、できる・わかる授業の実践

2 保護者との連携
 ○学習内容や取り組みの様子の効果的な情報提供

3 地域との連携・交流及び共同学習の推進・センター的機能の充実
 ○袖ケ浦東小学校及び八千代特別支援学校等との連携、特別支援学級等との交流及び共同学習の推進
 ○居住地校交流の実施
 ○地域における特別支援教育充実のために、関係機関との信頼関係の構築
4 学校運営体制の整備
 ○全教職員が互いに理解・協力・支援し合う、校務分掌の組織化
 ○会議の効率化
5 教職員の専門性と資質の向上
 ○授業実践を核とし、「キャリア発達を支える授業づくり」の追求
 ○初任研等のライフステージ研修・現職研修の充実