警報・注意報

アクセスカウンタ

トータル185480

携帯サイト

 

お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

校長挨拶

                                校長あいさつ

  本校は茂原市にあり、JR外房線茂原駅から徒歩で20分程のところに位置しています。県立高等学校再編計画により、それぞれ歴史と伝統のある茂原農業高校と茂原工業高校が、平成18年度に統合した農業系学科と工業系学科を設置する専門高等学校です。
 「創る」「育む」「輝く」を校訓とし、広大な校地と整備された施設・設備等教育環境に恵まれた県内でも有数の伝統ある学校として、地域とともに発展してきています。

本校の校名になっている「樟陽」の樟という字は、クスノキを意味します。剪定すると切り口から心地よい香りが漂います。防虫効果のある、いわゆる樟脳の香りです。マラソンの勝者が頭に巻く同じクスノキ科の月桂樹の花言葉は「栄冠と勝利」です。言い伝えは数々ありますが、昔、浄土宗瑞光院が火災に見舞われ、薬師堂は焼けてしまいましたが、ご本尊の薬師如来像はこのクスノキで難を逃れたといわれています。正門を入るとこの大きなクスノキの並木が道路の両側で歴史を刻み、太陽に向かってのびています。
  また、本校では校内での事故を教訓とし、日本一安全・安心な学校づくりに職員一同全力で取り組んでおります。
  そして、保護者・生徒とも連携して毎月30日を「安全の日」と定め、定期的な安全点検を継続的に実施するとともに、「地域に信頼される開かれた学校づくり」、「豊かな心や健全な心を持った人づくり」に積極的に取り組んでいます。

歴史を感じさせ、大学のキャンパスをイメージできる広い庭園や大きな樹木、広大な農場や充実した施設・設備、生徒の学びを大切に熱心に取り組む職員等々、恵まれた環境の中で生徒は、生き生きと学校生活を送っています。機会があれば、どうぞ本校へおいでください。

  それでは、本校の案内をゆっくりご覧ください。


               千葉県立
茂原樟陽高等学校長  小安 由男