警報・注意報

アクセスカウンタ

トータル185464

携帯サイト

 

創立記念日 創立10年目リーフレット

 10月12日(月)は、本校の創立記念日です。
 生徒、職員、地域の皆様のお力で、築き上げてき10年
 今後も教育活動のさらなる充実と発展を目指します。
創立記念日.pdf
 

学校概要

校   訓   創る  育む  輝く
         創造の精神 =  智を深め、技を磨き、生徒自ら「ものづくり」に挑む。
         育成する精神=  生命の尊厳を学び、全てのものを慈しみ、未来を切り開く。
         輝く学校   =  生徒が生き生きと活動し、夢が叶い、生徒・保護者・地域・教職員の誇りとなる。 

教育目標   1 真理を探究し、創造に挑戦する学校
         2 広い視野を持ち豊かなる感性を育む学校
         3 個性を伸張し、夢を叶える学校
         4 国際社会に開き、地域とともに輝く学校

学校教育目標(平成28年度)
1 「創る」希望あふれる夢の創造

(1)各教科・学科の目標及び到達目標の明確化及び数値化【全教科・学科】

(2)授業研究の計画的な実施と具体的指導方法の見直し 評価方法及び研修体制の確立【教務部・全教科】

(3)農業科・工業科各行事への取組の充実と関東大会・全国大会出場等、一定の成果目標の数値設定【農業科・工業科】

(4)朝読書の実施と定着 基礎学力向上に向けた補習授業の実施と週休日や長期休業中等の家庭学習の促進【教務部】

 

2 「育む」豊かでたくましい心の育成

(1)授業規律と集団規律の確立と醸成【教務部・生徒指導部】

(2)道徳教育・福祉教育・食育教育・特別支援教育・あいさつ運動・ボランティア活動等、豊かな心を育む活動の精選とすべての教育活動における位置づけ【生徒指導部・教務部・特別支援教育コーディネーター・学年・全職員】

(3)問題行動発生件数の減少、教育相談体制の充実 いじめ防止に係る校内体制の確立【生徒指導部・スクールカウンセラー】

(4)「安全の日」趣旨と意義の周知 全職員、生徒、保護者による校内安全点検の徹底 生徒への安全教育の推進【安全管理部・保健厚生部・事務部】

 

3 「輝く」みんなの力で輝く未来を

(1)入学時からの組織的・系統的な進路指導と進路ガイダンスの充実 学年との連携強化 100%の進路実現【進路指導部・学年】

(2)インターンシップの拡充と報告会の充実 社会人基礎力の養成に向けた具体的取組の推進【進路指導部・教務部】

(3)部活動の活性化 活発な部活動の内容強化と部員の確保【生徒指導部】

(4)農業教育拠点校「アグリサポーターズちば」の具体的な活動計画の策定と着実な実施【農業部】

 

4 開かれた学校体制の確立

(1)教育課程の見直しとそれに位置付けた産業教育の強みを生かした地域との連携や取組の充実 農学と工学が連携した教育活動の実施【農業部・工業部】

(2)学校からの情報発信力の強化【総務部】

(3)異校種学校、PTA、同窓会、地域の企業との連携強化【総務部・全分掌】

     「いつでも授業公開」「中学校出前授業」の推進【総務部・教務部
         
 
歴   史
   明治30年 県立千葉県簡易農学校創立農業科 設置
         昭和38年 県立茂原工業高等学校創立 化学工業科 電気科 設置

         
         平成18年4月 統合により県立茂原樟陽高等学校創立

校章由来   樟(クスノキ)3枚(創る、育む、輝く)が合わさってその背景が陽光を表します。葉脈は上昇、未来への展望を表します。


       正門を入ると樟(クスノキ)の並木が迎えてくれます。

校   歌   安田  伉 作曲
         鈴木邦彦 作詞

         1 あふれる陽光   大地の恵み
           集う 総の茂原に われらの母校
           栄えある歴史の  歩みを重ね
           未来に受け継ぐ   流れも豊か
           創ろう  知恵を集め
           育もう  愛をこめて
           輝こう  青春のこの時を

         2 きらめく星影   宇宙の神秘
           仰ぐ 総の中央 われらの学者
           古人の智徳を  心に刻み
           新たに産み出す 次代の文化
           創ろう  技をみがき
           育もう  支え合って
           輝こう  この生命ある限り
           

在   籍             1年生       2年生       3年生
         生産技術科   41名       39名        80名(40名+40名)               
         生産流通科   40名       41名        39名
         緑地計画科   40名       40名        38名
         電子機械科   40名       41名        41名
         電  気  科   40名       38名        40名
         環境化学科   41名       40名        39名 
                                (平成25年4月1日現在)
施    設
         校舎 4棟(管理棟 HR棟 特別棟 工業実習棟)
         グラウンド 野球場 
         テニスコート
         農業実習地 約9ha
         演習林    約14ha(いすみ市) 
 

学科紹介

生産技術科

生産流通科

緑地計画科

電子機械科

電気科

環境化学科