SGH日誌

松尾高校の取組 >> 記事詳細

2017/03/19

SGH甲子園参加

Tweet ThisSend to Facebook | by matsuo-h
 H29年3月19日(日)関西学院大学で開かれたSGH甲子園に本校生徒が参加しました。引率した教員のレポートを掲載します。

  
  

                     SGH甲子園レポート

 3月19日(日)関西学院大学にてSGH甲子園が開催され、本校生徒の5名が代表として参加した。北は北海道、南は宮崎からSGH指定校84校が集った。それぞれの高校の課題研究をプレゼンテーション(日本語または英語)、ポスター発表、グループディスカッション形式で発表をした。

 本校生徒は5名ともポスターセッションに参加し、タイトルは、「海外の食が日本に与える影響」、「日本の医療の課題とみらい~在宅医療の発展~」、「日本の福祉でたりないところを海外の技術で補う」m「少子化について」、「高齢者労働環境の変革」について発表した。生徒たちは事前に何度も練習を重ねたおかがで、本番では自信を持って発表できていた。終了後も満足そうな表情で、この短い期間でも彼らの成長を感じとることができた。まつお高校の生徒には様々な経験をして、社会に出てから活躍するような人間になって欲しい。

 私自身は、プレゼンテーション、グループディスカッションを中心に見学した。もし、来年度も本校がSGH甲子園に出場するのであれば、是非とも生徒にはそれらに挑戦して欲しい。 社会に出てから、違う価値観を受容する、また、自分の考えをまとめ相手に伝える力を養うためにも良い機会になるだろう。SGH事業に限らず、生きる力として生徒たちに身に着けて欲しい資質・能力だと感じた。
13:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)