専門家講演会・意見交換会

◇平成28年度 第4回SGH専門家講演会◇

1.日  時      
  平成28年11月29日(火)

2.場 所
  本校体育館

3.対象生徒
  1学年生徒

4.講  師       
  筑波大学医学医療系大学院  人間総合科学研究科
  田宮 菜奈子 教授

5.テーマ
   「グローバルエイジング時代における日本と世界
  -高齢化先進国日本に何ができるか・何をすべきか-」

6.講演内容        
 ・日本の高齢化の現状
 ・海外の高齢化の現状
 ・グローバルエイジングの背景
 ・急速な高齢化をいち早く迎えた日本の経験
 ・日本が欧米に学ぶべき点 ケアの質をどう計るか
 ・日本が続く国とともに学ぶべき点
 ・今後の我が国の課題
 
7.講演の様子
 
 
 

◇平成28年度 第3回SGH専門家講演会◇

1.日  時      
  平成28年7月15日(金)

2.場  所
  さんぶの森文化ホール

3.対象生徒
  1学年生徒

4.講師
  法政大学 現代福祉学部
  湯浅 誠 教授

5.テーマ
  「幸せについて」

6.講演内容

 「自分の幸せとは何か? それはお金で買えるものか?」 真剣に考えている様子  

 「他の皆も幸せになるには何が必要か?」それぞれに話し合っている様子  
 



◇平成28年度 第2回SGH専門家講演会◇

1.日  時      
  平成28年6月30日(木)

2.場  所
  本校体育館

3.対象生徒
  1学年生徒

4.講師
  駿台予備校講師  鳥光 宏 様

5.テーマ
  「世界の中で人のために何ができるか」

6.講演内容
  ・大学に進学するまでの苦労
  ・医学部に在学中学んだこと
  ・文学部で学んだこと
  ・今できること、これからするべきことは何か
  ・「人のために」とはどういうことか
 
 事前に実施したアンケートを基に「日本の中で印象に残ったところ」を生徒に聞いている様子
 
 「グローバルとは自身にとってどういう意味があるのか?」
 「人のためにできることとは何か?」など改めて福祉について考えている様子
 





◇平成28年度 第1回SGH専門家講演会◇

1.日  時      
  平成28年5月11日(水)

2.場  所
  本校第2体育館

3.対象生徒
  1学年生徒

4.講師
  江戸川大学総合福祉専門学校  水嶋 晃利 様

5.テーマ
  「ふくしマナー講座」

6.講演内容
  ・福祉の基本知識
  ・挨拶の仕方、お辞儀の仕方
  ・ほう・れん・そうの大切さ
  ・T.P.Oの徹底
  ・目上の人との話し方


 4月28日に作成した「福祉に関する新聞の切り抜き」をもとに、
 「生徒の考える福祉とは何か?」と問いかけにそれぞれ答えている様子
 
        生徒が思う『福祉』との違いに気づかせていただきました。
 
 


◇平成27年度 第1回SGH専門家講演会◇


1.日  時      
  平成27年10月28日(木)

2.場  所       
  本校体育館

3.対象生徒      
  1学年生徒

4.テ ー マ      
  「生活支援ロボット・介護支援ロボットの現状」

5.講  師      
  国立研究開発法人産業技術総合研究所 ロボットイノベーション研究センター
  サービスロボティクス研究チーム  
  研究チーム長 松本 吉央 様

6.講演内容        
 ・生活支援・介護ロボットの普及に向けた課題
 ・生活支援・介護ロボットの開発と評価
 ・コスト
 ・リスク
 ・ベネフィット
 ・海外の動向
 ・オーストラリアのノーリフトポリシー
 ・オランダのロボット利用
 ・経済産業省「ロボット介護機器PJ」


        校長挨拶                  運営指導協議会の方も講演に参加

         
     
       実際にロボットも展示               真剣に講演を聞く本校生徒の様子
  
                        
◇平成27年度 第2回SGH専門家講演会◇

1.日  時       
  平成27年11月24日(木)

2.場  所      
  本校体育館

3.対象生徒      
  1学年生徒

4.テ ー マ       
  「グローバルエイジング時代における日本と世界
  -高齢化先進国日本に何ができるか・何をすべきか-」

5.講  師       
  筑波大学医学医療系大学院  人間総合科学研究科
  田宮 菜奈子 教授

6.講演内容        
 ・日本の高齢化の現状
 ・海外の高齢化の現状
 ・グローバルエイジングの背景
 ・急速な高齢化をいち早く迎えた日本の経験
 ・日本が欧米に学ぶべき点 ケアの質をどう計るか
 ・日本が欧米に学ぶべき点家庭介護者の支援
 ・日本が続く国とともに学ぶべき点
 ・今後の我が国の課題


             校長挨拶                                    田宮教授の熱心な講演    



     真剣に講演を聞く本校生徒の様子             生徒代表御礼の言葉