カウンター画像およびスクリプトの著作権は千葉県教育委員会が 所有しています。無断転載・利用を禁じます。このサイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・写真等) の著作権は、千葉県立君津高等学校にあります。 本校学校長の許諾なく利用することはできません。

 

交通機関停止の措置

災害またはストライキ等のため交通機関の運行が停止した場合の措置
(生徒手帳P20~P21)
1.基本的な態度
  (1) 登下校における生徒の安全を確保する。
  (2) 授業の確保に努める。
  (3) 事前の連絡・指示の徹底を図る。

2.休業及び授業打ち切り等の措置の原則
  (1) 午前7時の時点で、内房線千葉~君津間が停止の場合(午前7時台のNHKニュースによる)
     ●臨時休業とする。
  (2) 内房線君津以南、久留里線、バス路線が停止の場合。
     ●平常通り授業を実施する。
      当該生徒は、代替交通機関を利用し出校に努力する。ただし出校の見通しが立たない場合は自宅学習とする。

  (3) 内房線の列車ダイヤが乱れ、大幅に遅延した場合。
     ●授業開始時刻の繰り下げ等、随時対処する。

3.定期考査に係る措置(休業等の措置は2の(1)~(3)に従う)
  (1) 午前7時の時点で、内房線千葉~君津間・君津以南・久留里線のいずれかが停止した場合。
     ●定期考査は順延とする。

  (2) バス路線のみの停止の場合。
     ●定期考査は予定通り実施する。
      当該生徒は代替交通機関を利用し出校に努力する。

  (3) 内房線の列車ダイヤが乱れ、大幅に遅延した場合定期考査開始時刻を繰り下げて実施する。

4.その他不測の事態が生じた場合、校長の指示により適宜対処する。
   ※生徒の欠席・遅刻等の扱いについては、生徒個々の状況により判断する。
   ※生徒は上記2の(1)~(3)により判断し、学校への問い合わせはしない。