top
 

お知らせ  


陸上競技部池田直貴君
インターハイ決勝進出(和歌山)
全国高等学校総合体育大会陸上競技男子走高跳第14位(1m98cm)
ここをクリックすると池田君の雄姿を動画で見ることができます。


 

平成28年度 対面式

新入生と2・3年生との対面式が行われました。新入生のみなさん、頑張ってください!
 

平成28年度 入学式

平成28年4月7日、第34回入学式が行われ、240名の新入生を迎えることができました。
 
 
 

平成28年度 始業式・新任式

いよいよ平成28年度新学期がスタートしました!
写真は新任式のものです。
 

お知らせ

学校評価  集計結果報告

 昨年12月に御協力をいただきました,学校評価アンケートの集計結果を報告いたます。
 お寄せいただいた,御意見等に関する回答については,改めて連絡をさせていただきます。
 アンケートへの御協力 また貴重な御意見ありがとうございました。


27年学校評価保護者アンケート集計.pdf

27年学校評価職員アンケート集計.pdf

27年1年次授業アンケート集計.pdf

27年2年次授業アンケート集計.pdf

27年3年次授業アンケート集計.pdf
 

お知らせ

6月24日(水) 
先日の役員選挙で当選した新生徒会役員全員で
八幡宿駅で行われた、ポイ捨て防止活動のティッシュ配りを行いました。

 

お知らせ

22日に生徒会選挙が行われました。立会演説会では12人の立候補者が所信演説をし,その後信任投票が行われました。選挙の結果,12人全員が信任されました。今年度の生徒会は会長,副会長2名,会計2名,書記2名,会計監査3名,議長,副議長で構成されることになります。

 

お知らせ

学校案内2016 
Ichiharayawata High SchoolSchool Guide 2016 
をアップしました。
御覧ください。 
 

お知らせ

~1学年より~
4月28日 校外学習で八景島に行ってきました。天候にも恵まれ、楽しく過ごせました。

  
 

お知らせ

4月9日(木) 生徒会主催の部活動紹介を行いました。
各部活動が新入生の勧誘のために様々な発表を行いました。
新入生が入部することをどの部活も期待しています。


 

平成27年度 入学式

平成27年度の入学式が行われ、245名の新入生を迎えることができました。
新入生のみなさん、先輩たちに負けないよう、思いっきり頑張ってください!

H27入学式1 H27入学式3
H27入学式4 H27入学式2 
 

平成27年度 新任式・始業式

 平成27年度の新任式及び始業式が行われました。石塚和美校長先生を始め、16名の新しい先生をお迎えすることができました。
 また、新たな気持ちで新年度のスタートです。

H27新任式

H27始業式
 

平成26年度

※これ以降は前年度(平成26年度)の記事です。
 

第30回 市原八幡高校卒業式を挙行しました

 3月7日(土)、平成26年度第30回卒業証書授与式を挙行しました。
この記念すべき卒業式で、本校の卒業生総数も1万人を超えました。
 当日は、多数のご来賓の皆様にご臨席を賜り、また土曜日開催ということもあってか、ご夫婦、ご家族でご出席をいただいた400名近い保護者の皆様で式場はいっぱいになりました。
 今年の卒業式 昨年と違い、卒業生の入場と退場は、本校の吹奏楽部が担当しました。
司会は、今年度千葉県で教師生活をスタートした八木先生が担当、厳粛に式は進行しました。坂本りるさんの生徒代表答辞には、式場の生徒、職員、来賓の方々も感動で涙を抑えることができませんでした。卒業の歌(「仰げば尊し」)、送別の歌(「蛍の光」)、そして校歌斉唱とそれぞれの想いがいっぱいに詰まった歌声が会場に響きました。
 当日は、心配された天気も味方し、本当に素晴らしい門出の式になりました。
 
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 
 

2月19日(木) 前期選抜及び外国人特別選抜の合格発表

 2月19日(木) 午前9時に、「平成27年度入試 前期選抜及び外国人特別選抜」の合格発表を行いました。前日までの悪天候と変わって好天に恵まれ、発表時間の30分以上前から、受検生、保護者、中学校の先生方が集まり、掲示板に合格者の受検番号が張り出されると歓声があがりました。
 
 2月12日(木)前期選抜1日目・・・
 
 2月19日(木)前期選抜・外国人の特別選抜 発表
  
 
 

けんちんうどん 1年生家庭科調理実習

 家庭科の調理実習の様子を写真でご紹介します。今日のメインは「けんちんうどん」、そして2月3日の節分で余った、「福豆」を美味しく食べる調理(特に名前はないそうです)。
 みんな協力し合って楽しそうに調理実習に取り組んでいました。なにより普段、教室では見られない表情でした。出来上がったものをごちそうなれず、残念でした。
  
  
 

野球部 春季大会に向けて早朝のスウィング!

 2月4日 早朝、吐く息が真白なグランドに、大きな声が響く。
 野球部が一心にバットを振っている。「冬場の基礎基本が何よりも大切」。
その一振り一振りの積み重ねが、2ヶ月後の春の大会で花開くことを期待しているよ。頑張れ、野球部!

 
 

看護系ガイダンスを開催しました! 市原健康福祉センターとコラボ

 12月12日(金)に、生徒・保護者を対象に、看護系希望者進路ガイダンスを開催しました。
 今回のガイダンスは、看護系学校への進学希望者が、看護の仕事を理解し、進路実現のために必要で確かな情報を得られるよう、千葉県市原健康福祉センター(杉戸一寿所長)と共催で行いました。
 はじめに、千葉県看護協会市原地区部会の副会長で千葉労災病院の青田孝子部長から、「看護の仕事について」「看護師になるには」「看護を取り巻く社会状況」についてのプレゼンがあり、続いて、千葉県健康福祉部と市原市保健福祉部の担当者から、看護系専門学校や大学に進学した場合の奨学資金についての説明をいただきました。
 その後、4年制大学2校、専門学校4校から、それぞれの学校の特長やカリキュラムについて紹介がありました。
 当日は、1、2生を中心に生徒40名、保護者17名が参加。市内の高校から校長や進路担当者が見学に訪れました。
 参加した生徒は説明を聞きながら熱心にメモをとり、看護師の夢に向かって決意を新たにしていました。
 ※なお、このガイダンスについては、千葉日報の12月29日の紙面で紹介されました。

  
  
  
  
  
 

道徳教育公開授業、研究協議会を開催しました

 11月25日(火)、「道徳の授業公開」「研究協議会」を開催しました。
 県下公立高校に道徳の学習の時間が導入されて2年目。今年度、本校は市原市内の3小学校、2中学校とともに道徳教育の推進校に指定されました。今回の授業公開もその一環で実施したものです。また、今回の取組は、全職員の研修として位置づけた他、今年度の本校の1000カ所ミニ集会として保護者や開かれた学校づくり委員の皆様にも参加していただきました。
 授業公開では、4月から道徳の授業を実施している1学年の6クラスすべてで、学級担任が授業を行いました。
 当日は、千葉県教育委員会、市原市教育員会、小中学校・高校の校長先生をはじめとする先生方、本校の開かれた学校づくり委員の方々など53名の方にご来校いただき、ご参観、そして研究協議会にてご指導をいただきました。
 師走を思わせる冷たい雨のなか、たくさんの皆様にご参観いただいたことに感謝し、ご教示いただいたことを糧として、学校全体の道徳教育の位置づけや体制づくりを見直し、職員の共通理解と一層のスキルアップに努めて参りたいと思います。ありがとうございました。
 
 各クラスの主題等は次のとおりです
 1A組 「羅生門」(芥川龍之介)を通じて、どう生きるかを考える
 1B組 「余命」を「与命」に
      Discovery English CommunicationⅠ Alex's Lemonade Stand 開隆堂
 1C組 死と向き合い、日常の大切さ、家族の大切さを考える
     『最後だとわかっていたなら』 サンクチュアリ出版
 1D組 自己を確立する
     「明日への扉」(「やってやれないことはない。やらずにできるわけがない」)
 1E組 進路選択を通じて自己実現を目指す
     「明日への扉」(「一枚の求人ポスターが、気弱な少年を強い男に変えた」)
 1F組 人生相談に答える
     増田明美『認めて励ます人生案内』、北方謙三『試みの地平線』
 
      
      
      
      
      
      
      
   

 

「落ちこぼれが作った世界一のクラゲ水族館」 道徳教育講演会

 11月19日(水)、「人間としての在り方・生き方を学ぶ」講演会を開催しました。この講演会は、本校の道徳教育推進校指定事業の一環で実施したものです。
 講師は、クラゲ展示で国内外から注目を集めている山形県鶴岡市立加茂水族館の村上龍男館長。
 同水族館の開館以来約50年。水族館と人生を伴にし、客足の低迷から閉館を覚悟することもあった村上館長が、クラゲとの偶然の出会いにより同館を世界的な水族館へ変貌させた。
 村上館長は、クラゲを「神様」と言うが、その一方で「自分で立ち上がる努力をしなければ、どんな神様も助けてはくれない」とも。生徒に「自分らしさを大事にして、やりたいことに一生懸命取り組むこと」を訴えた。
 講演後、生徒からは「物事に打ち込むことの大切さを感じた」、「自分で未来を切り開いていく行こうとする力のすごさを感じた」などの感想がありました。
 講演会の様子は、11月25日(火)の千葉日報新聞で紹介されました。

          
  
  
  
 
 

授業公開と進路説明会を開催しました 11月15日(土)

  11月15日(土)に秋の授業公開と保護者進路説明会を行いました。
 今回の授業公開には、市原市内及び近隣の中学生やその保護者の皆様にもご来校いただきました。
 また、午後には、校外から講師をお招きして1年生と2年生の保護者を対象にした進路説明会を開催いたしました。

  
  
  
 

「世界に広がるわたしたちの可能性」 JICA曽田夏記さんの講演会

 10月27日(月)に、本校が県教委から指定を受けているグローバル人材育成事業の一環で、講演会を開催しました。
 今年は「世界に広がる『わたしたち』の可能性」というタイトルで、足に障害がありながらJICA(国際協力機構)で世界を舞台を精力的に活動する曽田夏記さんからお話を伺いました。
 サッカーに打ち込むなどスポーツにも熱心だった曽田さん。大学3年生のとき突然、思いもよらない変形性股関節症になり、数次の手術でも治らず、つえが必要な生活となる。
 「こんな私なんか生きていてもしょうがないんじゃないか」と一時は生きる意味さえ失いかけたという。「他人と同じように歩けないというだけで自分の可能性も挑戦する気持ちも失いかけている自分に気づき」、周囲からその身体では無理と言われながらも国際協力の仕事を目標に念願のJICAに入る。
 フィリピンでの青年海外協力隊などを務め現在はアフリカ部アフリカ4課に所属、発展途上国のうちでも最貧国と言われる西アフリカの障害者支援の仕事に携わっている。
 講演では「一回り若い生徒たちに、将来には多くの可能性が広がっていることを伝えたかった」という。また「自分の可能性を信じて挑戦して欲しい」とも。
  講演会の様子は、当日の午後6時及び9時30分からの千葉テレビ放送のニュースで、また10月30日(木)の千葉日報新聞でも紹介されました。

 講演会の様子を写真で紹介します。
  
  
 
 
  
 

 現地〔アフリカ〕で 障害者と語る曽田夏記さん 
  
 
 
 ☆10月27日(月)JICA 曽田夏記講演会ポスター.pdf
 
 
 

授業力を高める!指導課の学校訪問がありました。

 10月15日(水)、県教育委員会指導課の学校訪問が行われ、「英語」と「国語」のすべての先生方の授業を参観していただき、その後の分科会にてご指導をいただきました。また、本年度、推進校の指定を受けた「道徳の学習」についても研修会が行われました。
 英語科の分科会では、指導にあたっていただいた森 秀夫先生から、「生徒が卒業して社会に出て、或いは大学に進学して英語を使うにあたり、どんな力を付けさせたいのかを常に意識した授業づくりをしてください」、「英語を使えるようにするための授業、使えるようにするための工夫を常に考えてください」とのご指導をいただきました。
 国語科の分科会では、指導にあたっていただいた武富恒徳先生から、「ていねいな授業であり、分かり易く説明しようという先生方の姿勢が感じられる授業でした」「先生方と生徒の良好な信頼関係に基づいた授業でした」という話がありました。その一方で、「先生方と生徒との双方向の授業づくり」「習熟度別授業のアドバンテージを生かした授業内容や展開の工夫」についてご指摘をいただきました。
 今後の授業改善に生かしたいお話をたくさんいただいた指導課指導主事の学校訪問でした。指導主事の先生方に心より感謝申し上げます。
  
 

9月26日(金) 第32回 体育大会が開催されました

 台風16号の影響が心配されましたが、澄み切った秋空のもと、体育大会が行われました。今年は新しいプログラムも加わりエキサイティングで楽しい体育大会になりました。
 競技の様子を写真で紹介いたします。

 1年生の競技
  
 2年生の競技
  
 
 3年生の競技
  
 1年生クラス対抗リレー
  
 2年生クラス対抗リレー
  
 
 3年生クラス対抗リレー
  
  
  部活対抗リレー
  
 
 綱引き
  
 
  

  
 クラスでJUMP(長縄飛び)
  
  
  
  
 色別対抗リレー
  
 
 
 

第32回 秀麗祭が閉幕しました。

 13日(土)、2日間にわたって行われた第32回秀麗祭が閉幕しました。
 開会式・閉会式の熱気と歓声、すべての発表や企画を通じて日ごろの学校生活では見ることのできない生徒の表情とエネルギーを感じました。
 ご来場いただいたすべての皆様に満足していていただけたものと信じています。
 ご支援ご協力をいただいた保護者の皆様に心から御礼申し上げます。
  

  
  
  
  
  
  
  
  
 

第32回 秀麗祭が開幕しました!

 9月12日(金) 本校の文化祭、秀麗祭が開幕しました。 
 オープニング、部活動、クラス発表などの生徒の様子と、「バザー」とビーズ細工など「親と子のひろば」の準備にあたる保護者の皆様の奮闘ぶりを少しだけ、写真で紹介いたします。
 明日13日(土)が一般公開です〔午前9時30分~午後2時〕。
 皆様お誘い合わせのうえご来校ください。八幡高校の文化祭は本当に「エキサイティング」「ファンタスティック」です。皆様のご来校をお待ちしています。 
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 

全校集会&避難訓練 8月29日(金)

 8月29日(金)、夏休みが終わり、学校が始まりました。例年になく涼しいなかでの学校の再開です。
〔全校集会〕 
 今夏の高校野球甲子園大会でも何度もテレビに映し出された「千羽鶴」。スライドを使った根本校長の講話では、広島の「原爆の子の像」のモデル、佐々木貞子さんのエピソードをもとに、日本で広く千羽鶴がつくられるようになった背景について話がありました。そして、生徒に「ウクライナ、中東ガザ地区など、世界中で今なお紛争が絶えず戦火がやまないなかで、日頃の自分たちの生活から目を転じて、国内外、世界の人々の生活に思いを巡らしてみよう」と語りかけました。
〔避難訓練〕 
 今回は、大地震さらには大津波警報が発令されたという想定で、避難訓練を実施しました。生徒は「緊急地震速報」→「大地震の発生」→「大津波警報の発令」という設定のなかで真剣に訓練に臨みました。
 訓練後は生徒職員全員が体育館に集合。佐々木教頭の講評では、10日前に発生し多くの被害を出している広島市の土砂崩れ事故からの教訓について話がありました。
 続いて、今年度本校に採用された岩手県宮古市出身の八木朋浩先生から、ご自身が経験した東日本大震災を踏まえた話がありました。
 八木先生からの「訓練や周到の準備は必要だけれど、最後は自分の命は自分で守るということを憶えておいてください」という強いメッセージをいただきました。
 
 校長講話
  

 「最後は、自分の命は自分で守る」 八木先生の話
 
 

夏休み 職員奮闘記 ②笠原先生

 小学校初任者研修(理科) in 市原八幡
 8月4日(月) 今年4月、市原市内の小学校に採用された新任の先生方27名が、本校を会場に研修を受けました。この研修は、千葉県教育委員会が主催する理科教育充実のための校外研修です。 
 研修では、子どもたちの理科離れがクローズアップされるなかで、小学校の若い先生方に、顕微鏡など実験器具の操作や子どもたちに興味関心を高めてもらうための指導について学びました。
 当日は、日ごろ、笠原先生に指導を受けている本校の理科部の女子生徒がアシスタントを務めてくれました。
 ※写真は指導にあたった本校の笠原先生と研修の様子です。
   
 

夏休み 職員奮闘記 ①中尾先生

 インターハイ・アーチェリー競技 in ゼットエーオリプリスタジアム
 8月4日(月)、市原市を会場に開催されていた全国高校総体アーチェリー競技が幕を閉じました。男子団体は、地元千葉県代表の千葉黎明高校が11年ぶり2度目の優秀を飾り、女子団体は山梨県立甲府城西高校が昨年に引き続いて優勝しました。
 猛暑の中でしたが、高松宮妃殿下が連日、競技をご観戦になり、閉会式では男女団体の優勝チームに高松宮賜牌を授与されました。
 ※写真は、男子団体決勝と表彰式の様子です。
 
   

 この大会には、本校から生徒と先生方がお手伝いに出ました。
※写真は、筆耕委員として運営にあたった書道の中尾先生です。
 筆耕の数(書き上げた賞状の数)を聞いてびっくりしました。本当にお疲れ様でした。
  
 

アメリカの青少年との交流会を開きました! 

 7月30日(水)午後、市原市を訪問中の姉妹都市アメリカ・アラバマ州、モビール市の中高生と本校生徒との交流会を行いました。
 交流会には、参加を希望した22名の生徒と、茶道部、書道部の生徒が参加しました。
 はじめに、本校生徒がスライドを使って、日本文化や市原八幡高校の紹介を英語で行い、続いて、スマホやタブレット端末の写真をお互いに見せ合い、モビール市の紹介や日米双方の社会や文化の違いをグロープディスカッションで確認し合いました。
 その後、茶道、書道に挑戦してもらいました。
 当初予定した2時間半のスケジュールは瞬く間に過ぎ、学校を出発する頃には、本校生徒もモビール市の中高生も、写真を撮り合ったり、抱き合ったりと別れを惜しんでいました。
 市原市の人権・国際課によると、来年度は、日本からアメリカへ訪問する予定とのこと、本校生徒から参加者が出てくることを期待しています。

   
  
  
  
  
 
 
 
 

 

中学生と保護者の1日体験入学を行いました!

 7月30日(水) 平成26年度の中学生と保護者の体験入学を実施しました。暑いなか、700名を超える中学生と70名の保護者の皆様に参加していただきました。本当にありがとうございました。
 今年は、先生方と生徒会役員や部活動の生徒がいっしょに準備にあたり、当日の受付や案内、誘導、さらには全体会の説明も生徒が参画して行い、中学生・保護者の皆様から、とても好評でした。
 
 終了後に提出していただいたアンケートには、たいへん嬉しい感想をたくさんいただきました。少しだけご紹介いたします。
 ・吹奏楽部の演奏が素晴らしくて感動しました。
 ・スライドによる学校紹介で行事や授業、部活動の様子がとてもよく分かりました。
 ・八幡高校の特長である習熟度別、少人数授業のことがよく分かりました。
 ・生徒会の1年間の学校行事の説明が分かりやすかった。
 ・スライドをみて、生徒の皆さんが本当に楽しそうに学校生活を送っていることがよくわかりました。
 ・受付や誘導の生徒の挨拶と対応がきちんとしていて気持ちが良かった。
 ・部活動の先輩方がほんとうに優しかった。
 ・授業が分かりやすかった。
 ・八幡高校にはやさしくて面白い先生がたくさんいることが分かりました。
 ・真剣に勉強と部活動の両立を目指している学校だということがよくわかりました。
 ・校舎の掃除が行き届いていて、きれいで、勉強に集中できる環境だと思いました。
 
 最後に一言。生徒会本部役員から「来年は私たちに全体の進行をやらせてください」という頼もしい要望がありました。是非、実現したいと思っています。

  
  
  
  
  
  
  
  
 
 

モビール市高校生との交流会を7月30日に!

 7月30日(水) 午後、市原市の姉妹都市モビール市(USA、アラバマ州)から来日している高校生と本校生徒の交流会を実施します。
 〔内容〕 午後1時30分~3時50分
  ①歓迎の挨拶
  ②市原八幡高校の紹介、モビール市の紹介
  ③日本の伝統文化の紹介と交流
    ・茶道 ・書道 など
  ④記念撮影 
 
 ※当日は午前中に中学生・保護者の一日体験入学が行われます。
 

インターハイ壮行会・生徒会認証式

 7月18日(金) 全国高等学校総合文化祭(茨城大会)書道の部に出場する3年生の千葉瑛梨奈さんと、全国高等学校総合体育大会(南関東インターハイ)に陸上・走り高跳びの部に出場する2年生の池田直貴くんの壮行会を全校で行いました。
 代表の2人からは全国大会での活躍の決意表明があり、その後、3年生の国吉くんをリーダーとする野球部生徒からエールが送られました。
 ※インターハイに出場する池田くん、全国総合文化祭に出場する千葉さんなどのお祝いの横断幕を後援会、保護者会のお力添えをいただき校門左右のフェンスに設置しました。
 
 壮行会に引き続いて行われた生徒会本部役員の認証式では、11名の役員一人ひとりに校長から認証状が渡されました。そして、新生徒会長の栗林紗希さんから挨拶がありました。また、これまで1年間生徒会長を務めた3年生の坂本りるさんから感謝の言葉と新生徒会役員への励ましの言葉がありました。
 
☆全国高等学校総合文化祭に出場する3年生千葉瑛梨奈さんの挨拶。
「書道部の千葉瑛梨奈です。私は7月28日、29日に茨城県で行われる全国大会に参加します。先輩方に続き、3年連続で全国大会に出場できてうれしく思います。私が書いたのは隷書という漢の時代に書かれていた書体の楊けんという人の作品を臨書したものです。楊けんの書は独特で最初は戸惑いましたが練習を続けていくうちに楊けんの書が好きになりました。全国大会では、市原八幡高校の書道部の代表として少しでも良い結果を出せるように頑張ります。今日はこのような盛大な壮行会を開いていただきありがとうございました」

  

  
  

 
 

血液の不足する夏に向け献血に協力!

 7月14日(月) 千葉県赤十字血液センターの協力のもとに校内で献血を行いました。事前に保護者の承諾を得た生徒と職員、56名が献血に協力してくれました。
 事前の問診の方法が、6月末に、これまでのペーパーに記入する方法から、タブレットにタッチして行う方法に変更になり、献血前の風景が様変わりしました。
 「献血は生まれて初めての経験」という生徒も多かったのですが、血液センターの職員や事前検査の医師の優しい説明のおかげで、緊張のなかにも落ち着いて献血をすることができました。
 皆さんもご存じのとおり、科学技術や医学が発達した現在でも血液は人工的に造ることはできません。また、血液の保存期間は短く、これから夏にかけては血液が不足する季節です。さらに残念なことに、若者の献血離れが進んでいます。
 今回の献血に協力してくれた皆さんに心から感謝します。
  
  
  
 

夏だ 野球だ! 野球応援 

 7月13日(日)、QVCマリンフィールドで高校野球、夏の大会が行われました。
 袖ヶ浦高校相手に、0対4という残念な結果でしたが、先発完投した関口くんは本当に素晴らしいピッチングでした。また、再三好捕を見せたショートの池田君の守備も素晴らしかった。そして、9回表は石原君のあわやホームランかと思わせたフェンス直撃の2塁打にスタンドが沸きました。
 終わってみればヒット数もほとんど互角、チャンスにあと一本出ていればという試合でした。横島先生をはじめ指導にあたっていただいた先生方、本当にありがとうございました、そしてお疲れさまでした。
 臨時応援団、球場に駆けつけた一般生徒、3年生のチアリーダー、そして吹奏楽部の懸命な応援も素晴らしかった。球場に足を運び、最後まで声をからして応援していただいた保護者の皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。
 「グランド、スタンドがいっしょになって何回も何回も校歌を歌いたい」、応援生徒のそんな切なる願いに、来年は野球部諸君が応えてくれることを期待しています。
  
  
  
 
 

一緒にやりませんか? 「怒りのコントロール」

 7月7日(月) 教職員の資質向上と不祥事の防止を目指して「アンガーマネジメント」の研修会を開きました。講師は、日本アンガーマネジメント協会にお願いしました。
 「アンガーマネジメント」とは「怒らなければならないことは上手に怒れるように。怒る必要のないものは怒らなくても済むようになれる」こと。
 内容は、「怒りの感情って何?」「最近、頭に来たこと、腹が立ったことは?」「6秒待つためにすること」「怒りの温度を計ろう」「私たちを怒らせているものは何?」「怒る理由ってなんだろう?」「悪い叱り方は」「怒りの性格」「怒りの連鎖を断ち切ろう」など。
 講義と質問、そしてグループ形式の演習を織り交ぜた90分の研修は、時に「笑い」もあり、あっというまでした。
 私たち教員は、日々、夢や希望、そして様々な悩みを持つ成長期の子どもと接しています。教員も人間ですから、学校で子どもたちと接する個々の場面で、怒りを感じたり、腹が立ったりすることがあります。その時、教員として、いかに適切で効果的な対応がとれるのか、このことはすべての教員が常に考え、苦悩していることです。
 講師の先生が最後に話された「自分が変わることの大切さを、ひとりひとりの先生方が感じて欲しい」という言葉が胸に残っています。
 
  
  
  
 

「Let It Go」を歌う 3年英語オーラルコミュケーション

 7月3日(木)、3年生のF群選択、英語のオーラルコミュニケーション(河野 担当)で、現在、大ヒット上映中のディズー映画『アナと雪の女王』の主題歌を歌うパフォーマンスが図書室でありました。
 この授業を選択している生徒全員が歌う「Let It Go」(私の道を行く)、またグループ毎に歌う「Let It Go」・・・それぞれに深い感動がありました。
 歌う生徒の表情には「私は、イディナ・メンゼル、松たか子(日本語歌詞)」、そんな気持ちがあふれているパフォーマンスでした。

    
 

モビール市中高生との交流会に向けて

 7月26日~8月4日までの日程で市原市の姉妹都市、アメリカ、アラバマ州モビール市から中高生が来市します。そして、7月30日(水)午後、本校を訪れ、生徒との交流会が予定されています。
 交流会では、茶道や書道などの日本の文化を実際に体験してもらう計画もあります。
 渡邉麻衣先生の指導で、当日に向けて参加生徒の研修(学習会)も始まりました。写真は、2人1組、あるいはグループ形式での研修の様子です。

  
 
 

6月8日(日) 演劇部発表会 

 6月8日(日)、千葉市南部青少年センターで、第9ブロック春季演劇発表会が開催されました。本校の他、県立千葉高校、京葉高校、千葉明徳高校、千城台高校、千葉聖心高校、泉高校、生浜高校が参加しました。
 本校演劇部は、3年生の小原さんのシナリオ「Lost Memory」を上演。『教室に突然現れたドアに興味本位で入った律(りつ)と七瀬。その奥にはファントムによって創り出された不思議な世界が広がっていた。2人がこの世界に導かれた意味とは?』・・・このようなストーリーです。
 部員みんなで苦労しながら練習した様子が手に取るように分かる、素晴らしい劇でした。会場からの拍手もひときわ大きく感じました。

 ☆シナリオを書いた小原さんのコメントを紹介します。
  この台本は「記憶」と「約束」をテーマにつくりました。私はこの台本を書いているとき、小・中学生の時の大切な記憶を思い出しました。また、初めて使う機材や演出など・・・挑戦することがたくさんありました。・・・みんなで力を合わせて一番良いものができてとても幸せです。
ありがとうございました。
  
 
 

6月7日(土) 授業公開、進路講演会を行いました

 6月7日(土) 保護者会総会に合わせて、授業公開と進路講演会を行いました。
 授業公開では、今年度、本校が千葉県教育委員会から「道徳教育推進校」に指定された関係もあり、道徳の授業も実施しました。1年C組で「自己を確立する」という主題で展開された授業を、地域の小中学校、高校の先生方、多くの保護者の方に参観していただきました。
 また、保護者会総会後に1・2年生と3年生に分かれて開催された進路講演会には、たくさんの保護者に出席していただきました。ありがとうございました。
 授業公開及び進路講演会後のアンケートでは、道徳の授業を中心に、お褒めの言葉をたくさんいただきました。もちろん、厳しいご指摘もありましたが、すべてを含めて、今後に生かしていきたいと考えております。

 1年C組 道徳の授業『自己を確立する』 指導者 高寺教諭
  
  
  
 進路講演会
   
  
 

6月7日(土) 保護者進路講演会のご案内

 保護者進路講演会を、次の日程で開催します。保護者の皆様にお子様の進路についてご理解をいただきたく、進路指導部が選りすぐりの講師にお願いして実施するものです。
 すでに、お子様を通じてご案内済みですが、改めて、お知らせいたします。
 是非、ご出席ください。
                  
 1.日時  平成26年6月7日(土) 午前10時40分 ~ 11時40分
        1・2年生の保護者と3年生の保護者を内容・会場を分けて実施します。
 2.会場 (1)1・2年生保護者・・・体育館
       (2)3年生保護者・・・・・視聴覚室
        ※会場は変更される場合もあります。受付でご案内いたします。
 3.受付 生徒昇降口
       ・上履きをご持参ください。
       ・自家用車でご来校の際は、スポレクパークの駐車場をご利用ください。 

    
 

AED、救急法講習会を実施しました

 5月28日(水) 生徒・職員を対象に救急法講習会を実施しました。
 これは、日常生活や部活動など学校生活のなかで起こりうる突発的な事故の際に迅速かつ的確な救急処置ができるようにするための講習です。また、当日も、未だ5月にもかかわらず、28度近い暑さでしたが、これからは熱中症の危険が高くなります。講習では、熱中症の予防と応急措置についても学びました。
 さらに、AEDについては、発作を起こし倒れた時、救急隊が到着する前に近くにいた人が使えば、40%以上の人が助かるとも言われています。4月にNHKテレビが特集で取り上げクローズアップされましたが、世論調査では、半数以上の人が、「AEDそのものに、電気ショックが必要かどうか判定する機能があることを知らなかった」と答えています。 

 講習会の主な内容は以下のとおりです。
 (1)心肺蘇生について
 (2)AEDの使用方法について
 (3)熱中症の予防と応急処置について 
 
  
  

 ☆参加した生徒の感想を紹介します・・・
 「私はこの救急法講習会に参加してとても勉強になりました。AEDの操作方法や胸骨圧迫の方法などを自分で実際に体験できたことはとても大きなことでした。方法がわかるのとわからないのとでは実際に人が倒れている時にすぐ判断できるかどうか違ってくると思うので・・・。今日の経験を大切にし、いざという時、しっかりと対応できるようにしたいと思います。」
 

学習指導力、進路指導力の向上を目指して職員学習会

 5月23日(金) 学校外から講師を招き、全職員で学習会を行いました。
 この学習会は、生徒の学力や学習状況を把握するとともに、一人ひとりの教員が授業をはじめ、これまでの学習指導の成果を検証し、今後の指導改善に取り組むためのものです。
 各学年ごとにそれぞれ1時間、3時間にわたる学習会でしたが、今回の学習会を生徒の学力のさらなる定着と向上、またキャリア指導に生かしてまいります。
 
 

「いざ鎌倉へ」 2年春の校外学習 4月28日(月)

 恒例の校外学習が、4月28日(月)に実施されました。今年は、1年生は「八景島シーパラダイス」、2年生は「鎌倉」、3年生は「東京ディズニーリゾート」へ、それぞれの目的のもとに出かけました。
 10月の下旬に九州への修学旅行を控えた2年生は、班別行動も兼ねて鎌倉へ。天候にも恵まれ、古都鎌倉を満喫しました。その様子を写真で紹介します。

  
  
  
  
  
  
  
  
  
 
 
 

新入生 部活動紹介 4月10日

  新入生オリエンテーションの一環で、4月10日(金)午後、部活動紹介が行われました。
本校には、12の運動系部活動、12の文化芸術系部活動、そして2つの同好会があります。当日は、1学年職員の挨拶に続いて、各部活動が限られた時間のなかで工夫を凝らした紹介を行いました。 
 
  
  
  
 

春爛漫の入学式 4月8日

  桜の花びらが舞う、春爛漫の4月8日(火)、本校第32期生の入学式が行われました。当日は、ご両親で出席されたご家庭も多く、会場の体育館には急遽、例年より多めの椅子席を用意しました。
 希望と期待でいっぱいの新入生入場の後、午前10時に開式。佐藤桃香さんが新入生代表誓いの言葉を述べました。入学式後には新1年生の担当職員の紹介、引き続いて保護者会入会式が行われました。
 校門付近では、入学式の看板前で記念写真を撮る順番待ちの列ができました。新入生が本校で充実した高校生活を送ることを期待しています。

  
  
  
  
  
  
  
 
 

公立高校 前期入試合格発表

 今日19日は二十四節気のひとつ「雨水」。雪が雨に変わり雪解けが始まるころと言われます。今年は温暖な関東地方も記録的な降雪に見舞われ、校庭の隅にはまだ14日(金)の雪が残っています。しかし、草木が芽吹き、春一番が吹くのも、もうすぐです。
 今日、先週の12日・13日に実施した前期入試の合格発表を行いました。本校では、定員240名の6割にあたる144名の合格者番号を発表しました。
 発表は午前9時でしたが、8時過ぎごろから、受験生、保護者そして中学校の先生方が来校され、掲示板の前は大きな人だかりができ、発表とともに歓喜の声があがりました。写真はその時の様子です。
 
 

野球部が正門前の雪かきをしてくれました!

 8日未明から降り始めた記録的な大雪は、9日(日)未明まで降り続き、千葉市で、統計開始から最多となる33センチの積雪となった。
 明けて10日の月曜日の朝、いつもより早く学校に到着すると、すでにもくもくと雪かきをしている生徒の集団。野球部の生徒だ。聞けば、午前7時ごろから自主的に集まって雪かきを始めたという。その後、早めに出勤した先生方もいっしょに。
 多くの生徒が登校する8時ごろまでには、正門から昇降口への除雪と自転車置き場へ通じる道はきれいに除雪されました。
 野球部の諸君、先生方に感謝!

  
 
 
 

「グローバル人材プロジェクト」発表会

  1月22日(水)、千葉県教育委員会が主催する「グローバル人材プロジェクト」の成果発表会が、千葉県スポーツ科学センターで開催されました。会場には、今年度県教委から「グローバル人材プロジェクト」校の指定を受け、留学や国際交流を促進するためにプロジェクトに取り組んで来た本校を含めた県下18校の生徒50名、教員22名が集まりました。
 開会行事のあと、各高校の代表生徒が順番に今年度の取組み内容や成果を発表、その後、生徒が3グループ、教員が2グループに分かれて意見交換会を行いました。
 
☆生徒の意見交換会では・・・・・
「まず海外に出てみることが大切だ」「コミュニケーションの力をつける必要を感じた」「留学してみて英語力をもっとつけないまずいと感じた」「アメリカの若者が、将来何になりたいかなどについて自分の意見をしっかりと持っていること、そればかりでなく、何を食べたいかなどについてもそれをはっきり言うことに驚いた」「日本の良さが分かった」「日本のこと、特に歴史や文化をもっと勉強しなければならないと感じた」「学習のための英語ではなく、実際に使うための英語を学ぼうという気持ちが強くなった」「英語の力が世界の共通語として強くなるなかで、日本語、英語の他にもう一つ外国語が使えるようになりたい」など・・・・
 
 次の写真は、本校代表生徒の発表と意見交換会の様子です。

    
    
    
  
 

平成25年度 保護者アンケートの結果について

 昨年11月末に保護者の皆様にお願いした学校評価アンケートの結果がまとまりました。左のメニューの「学校評価」のページにアクセスしてご覧ください。
ご協力ありがとうございました。
 

あすからセンター試験

 大学入試センター試験が18、19日の両日、開催されます。志願者は全国で56万672人。高校を今春に卒業する予定の現役生は44万3318人、ほぼ2人に一人が受験します。
 一方、センター試験を利用する大学や短大は843校で過去最多とのこと。
 受験する3年生は、遅くまで学校に残ったり、休みの日に学校に来て最後の追い込みをしてきました。本校3年生の受験会場は市内の大学。この土日も寒さは厳しいものの、天気は良さそうです。体調を整えてこれまでの勉強の成果を十分に発揮して欲しいと願っています。
 

インフルエンザの季節になりました ご注意ください。

 本日(1月7日)発行の「保健だより」でも予防についての注意事項を掲載しました。
インフルエンザは法律により一定期間の出校停止が定められた疾患のひとつです。したがって、登校にあたっては一定の手続きをお願いします。
 「登校許可証明書」はホームページの左側メニュー「証明書発行」をクリックすると、ダウンロードできますのでご利用ください。また、ご不明の点は、遠慮なく、本校養護教諭または担任まで問い合わせてください。
お大事に!
 

「それって『愛』なの?」  人権を考える生徒集会の開催

 12月17日 人権週間にちなんで「それって『愛』なの? 若者のためのDV予防セミナー」と題した生徒集会を開催しました。講師は、NPO法人ウィメンズウィングちばの金井先生と関根先生。集会は、講師による説明だけでなく、全生徒に配布したYES、NOカードを使ったQ&Aや、生徒のロールプレイなど、とても分かりやすい内容でした。
  
  
 
 

「書の甲子園」 3年仁平綾香さん 大賞受賞

 「書の甲子園」の名称で知られる「第22回国際高校生選抜書展」で、3年生の仁平綾香さんの「てん刻」の作品が大賞に選ばれました。
 今回の書展には、21の国・地域から1万7195点の作品が寄せられ、個人の部の審査において、文部科学大臣賞2点、外務大臣賞1点、大賞13点、準大賞25点、優秀賞46点、秀作138点、入選1888点が選ばれました。
 仁平さんの作品は、今夏、長崎県で開催された全国高等学校総合文化祭にも千葉県代表として出品され奨励賞を受賞しました。
 今回の「書の甲子園」の受賞については、11月27日(水)の毎日新聞朝刊に写真入りで大きく紹介されていますので、是非ご覧ください。
 次の写真は、新聞報道に先立ち、11月22日(金)に毎日新聞社記者から取材を受けた時の様子です。

    
 

ネット被害の防止に向けて講演会を開催しました

  12月2日(月) 「インターネットの正しい使い方」を生徒に理解してもらうことを目的にした講演会を実施しました。これは、ライン、ツイッターなどのSNSの急速な普及により、高校生が様々なネット被害に巻き込まれるケースが増えている現状を踏まえ、生徒がインターネットの怖さを知り、正しい利用を心掛けるために開催したものです。
  講師は、千葉県環境生活部県民生活課で中高生のインターネットへの書き込みを監視する仕事にあたっている千脇先生にお願いしました。

    
 

創立30周年記念式典を開催しました in 市原市民会館

  11月29日(金) 本校の創立30周年記念式典を市原市民会館で開催しました。
 記念式典のコンセプトは、「生徒の式典」「生徒による式典」「生徒のための式典」。式のすべてを生徒が運営、進行する形式で行いました。
 生徒の日頃の活動を披露する部では、吹奏楽部の記念演奏と演劇部の記念公演。そして、準備委員会委員長挨拶、校長式辞、来賓祝辞などの式典の部も、1・2年生の生徒会役員が担当。
 今後、多くの高校が、周年行事や様々な式典を開催する際、本校のこのスタイルはその先駆け(スタンダード)になるものと考えています。
  3時間に渡った式典が終了したあと、やり遂げた、まさに達成感に満ちた生徒の輝いた笑顔が印象的でした。
 〔受付〕 
  
 〔吹奏楽部の記念演奏〕
  
  
  
  
 〔式典の部の司会生徒〕
  
  
 〔準備委員会代表挨拶〕
  
 〔会場での展示〕
  
  
 〔生徒会主催のアトラクション〕
  
  
 〔演劇部の記念公演〕
  
  
  
  
 

留学生・留学経験者との交流会 グローバル人材プロジェクト

 
  11月8日(金) 神田外語大学から、中国及び韓国からの留学生3名と、フィンランド・イギリス・メキシコ・インドネシアへ留学経験のある日本人学生4名が来校し、本校生徒との交流会が開催されました。
 全体会では、まず、それぞれが、自国と日本の違いについて説明。その後、気候や文化、習慣の違い、経済の様子など様々なテーマについてグループで話し合いを行いました。当日は、千葉テレビや新聞記者の取材もあり、心地よい緊張感もありました(交流会の様子は同日の千葉テレビニュースで放送されました)。
  交流会に参加した生徒の感想をいくつか紹介します。
 〇今回の交流会で外国の人とのコミュニケーションの取り方や英語に対する興味がわきました。この交流会での経験を他のことに生かしていきたいと思います。
  〇日本は、思った以上に外国から見た評判が良いなあと思いました。
  〇私は将来、英語関係の勉強をしていきたいと思っていたので、今回の交流会は常に自分の中にあった疑問や不安を解決させてくれました。
 
 
 
 
 
 

秋の授業公開を開催しました 

  11月7日(木) 秋の授業公開を実施しました。当日は、本校の開かれた学校づくり委員、保護者の皆様に加え、市内の小学校、中学校、高等学校の先生方、地元の町内会の役員の方にも参観していただきました。
 また参観後にはアンケートを実施しました。今後の授業改善や学校づくりの参考にさせていただきます。ありがとうございました。
  
  

  
  
  
  
 

発展途上国の子どもたちを救う 市原八幡高校講演会

 10月30日、市原八幡高校では「発展途上国の子どもたちを救う」と題した講演会を開催しました。
 この講演会は、千葉県教育委員会が展開する「グローバル人材育成プロジェクト」の一環として実施したもので、講演をお願いしたのは、発展途上国や離島など十分な医療が届かない地域へ医療ボランティア活動を展開しているNPO法人ジャパンハート。
 当日は、東京事務局の加藤事務局長と、実際にミャンマーや離島で医療活動に参加し、現在は東京慈恵会医科大学付属病院で救急部の看護師を務めている印東さん。
 一年生を対象にした講演会でしたが、保護者や地域の方、市内の高校の先生も参加していただきました。
  講演会は大きく三部構成。まず、講師の印東看護師も参加したミャンマーの「ワッチェ慈善病院」での医療支援活動についてDVDを視聴。続いて、加藤さんからジャパンハートの設立や医療ボランティア活動について説明をいただき、最後に、印東さんから、過酷を極めた実際の医療活動の日々や、なぜ活動に参加したのか、活動を通じて自分の心の持ちようがどう変化したのか、そして今の自分にどんな影響をあたえたのか、などについてお話をいただきました。
 また、加藤さん、印東さん、それぞれから、生徒に「(発展途上国に)一歩を踏みだす勇気を」「挫折や悩みのなかで自分との対話を大切に」といったメッセージをいただきました。
  講演後も、生徒から相次いで質問の手が挙がり、これからの生活やキャリアプランを考える際の大きな刺激となったようです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2年生保護者進路説明会が開かれました

 平成25年10月22日(火)、2年生の保護者を対象にした進路説明会を開催しました。ご多用のなか、また平日にもかかわらず約120名の保護者の皆様にご出席をいただきました。当日は、まず体育館で全体会を行い、校長挨拶のあと、学年主任から、出発が1週間後に迫った修学旅行の説明、前年のクラス担任から3年時の特進クラスの説明を行いました。
 その後、大学・短大、専門学校、就職、公務員と分野別に分かれ、外部講師による説明会を実施しました。
 ご出席いただいた保護者の皆様には、熱心にご聴講いただきありがとうございました。

 
 体育館での大学・短大分野の説明会の様子
 
 視聴覚室での専門学校分野の説明会の様子
  
 多目的室で開催された就職・公務員分野の説明会
 

吹奏楽部 若宮団地の秋祭りで演奏

  10月6日(日)、若宮団地の秋祭りが、若宮中央公園で開催されました。本校吹奏楽部が昨年に続き参加させていだだきました。
 地元の若宮小学校、八幡東中学校の演奏のあと、地元の大勢の皆様のまえで、演奏を披露しました。短い時間でしたが、地域の方と触れ合い、また、室内のホールや体育館とはひと味もふた味も違う開放感のなかで、生徒は本当に貴重な経験をさせていただきました。
 安藤会長さんをはじめ秋祭り実行委員会の方々に感謝申し上げます。

  
  
  演奏をバックに「青い山脈」の独唱もありました・・・大歓声!
  
 

祝 池田君 走り高跳び  県新人大会で優勝

 9月29日(日)に行われた県新人陸上大会で、1年生の池田直貴くんが1m94cmを跳び、優勝しました。本校にとっても本当にうれしい快挙です。
 池田くんは、10月19日(土)20日(日)、神奈川県相模原市で開催される関東大会に出場します。今日、10月4日、始業式に続いて関東大会への壮行会を行い、全校の生徒職員でエールを送りました。
 
 スポレク前交差点に後援会のご支援で横断幕を設置しました。


  ★当日の跳躍の様子は1学年通信第7号(号外)で紹介しています。クリックしてください。
 1学年通信 第7号【号外) .pdf
 

2学年保護者進路説明会の開催について

 金木犀の香りが漂う季節となりました。本校では、下記のとおり、2学年保護者を対象に進路講演会を計画いたしました。10月29日(火)に迫った修学旅行についての学年主任の説明も予定しております。保護者の皆様には、すでに9月30日(月)、生徒を通じてご案内文をお届けしてあります。なお、詳細の確認は、下記のご案内(PDFファイル)をダウンロードしてください。 
                                記
 1.日時  平成25年10月22日(火)午後2時~
        受付:午後1時30分~
 2.会場  本校体育館
 3.内容  学校長挨拶
        学年主任説明
        3年次特進クラスについて
        分野別進路説明会  

   ※10月22日 2学年保護者進路説明会案内.pdf

    
 

市原八幡高校講演会のご案内 

 本校は今年度千葉県教育委員会から「グローバル人材育成事業」の指定を受けました。そこで、下記のとおり講演会を実施することになりました。
 この講演会は、1学年生徒を対象に開催するものですが、保護者をはじめ、「広報いちはら」(10月15日発行)により広く一般の方にもご案内を差し上げる予定です。保護者の皆様には9月30日(月)に生徒を通じて文書をお届けしてあります。
 
 なお、詳細の確認は、下記のご案内(PDFファイル)をダウンロードしてください。 
                      記
 1.日時  平成25年10月30日(水) 午後1時25分~3時15分
 2.会場  本校 体育館
 3.テーマ 「発展途上国の子どもたちを救う」
         ~ミャンマーでの医療活動に参加して~
    ☆発展途上国や離島など、世界の医療の届かないところで医療活動を展開する
      NPO法人ジャパンハート担当者。
     そして、東南アジア、ミャンマーの『ワッチェ慈善病院』で医療活動に
     参加した看護師による講演会です。
     現地での医療活動を記録したDVD映像も視聴します。
 

  
 
 
  
  ※詳細 10月30日講演会案内.pdf


 

陸上支部予選会 走り高跳び 1m94cm 県大会出場決まる

 先ごろ行われた平成25年度陸上新人大会第1支部予選会において、1年生の池田直貴くん(辰巳台中学校出身)が自己新記録の1m94cmを跳び、第1位となりました。池田君は9月27日~29日に開催される県大会に出場します。また、市原市代表チームの選手として、10月20日に千葉県総合スポーツセンター陸上競技場で行われる第63回千葉県民体育大会に出場することになっています。

 
 

学年便り(バックナンバー)のダウンロードができるようになりました!

学年便り(PDF)がダウンロードできるようになりました。
メニュー「学年より」から、サブメニューで各学年を選んで、クリックしてください。
 

第31回 秀麗祭 Magnificent!

 平成25年9月13日(金)、14日(土)の2日間にわたって第31回秀麗祭(文化祭)が開催されました。今年は「30秀年~始動~ 輝いている君が好き」がテーマです。
  開会式・閉会式の熱気と歓声、節度あるパフォーマンス。発表や展示など、どの企画からも、日ごろの学校生活では見ることのできない生徒の素晴らしいエネルギーを感じました。閉会式で「これで秀麗祭が終わってしまうと思うと涙が出そうになります」と感想を述べた生徒会長の言葉どおり、「一人ひとりが本当に輝いて見えた」最高の文化祭でした。
 14日は一般公開日でしたが、天候にも恵まれ、900名を超える来場者がありました。すべての皆様に十分満足していただけたとものと確信しています。
 生徒会、文化委員会をはじめ、準備から当日の運営、そして後片付けまで、今回の文化祭を支えてくれたすべての生徒、先生方に感謝します。
  また、クラス企画をはじめ参加団体の準備には、夏休み中からたくさんの保護者にご協力をいただきました。また、バザー、ビーズ細工、革細工教室など、保護者会の皆様、後援会の皆様には今回もたくさんのご支援をいただきました。心よりお礼申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

平成25年度 第31回 文化祭(「秀麗祭」)のお知らせ

 9月13日(金)、14日(土)の日程で、市原八幡高校の文化祭(「秀麗祭」)が開催されます。13日(金)は校内開催ですが、14日(土)は一般公開となります。公開時間は、午前9時30分~午後2時まで(受付終了同1時30分)となっています。
 どうぞお誘い合わせのうえ、本校生徒の取り組みをご覧いただきたいと思います。
 なお、ご来校の際は上履きをご持参ください、また駐車場がありませんので、自家用車はご遠慮ください。
 13日からの開催に伴い、学校では本日(11日)午後から、各クラス・団体が準備に入りました。
 生徒が、協力し合い、一生懸命に、そして楽しんで準備に当たっている様子をスナップ写真でご紹介いたします。
 ご覧いただくと、本番がますます楽しみになると思います・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 

学校案内

新着情報
8月29日(木)避難訓練・防災講和(高校生防災教育基礎講座)を行いました。
8月30日(金)授業開始 保護者会理事会を開催いたしました。