訪問学級の紹介

訪問学級とは
 病気や健康上、登校することが難しい児童生徒に対して、教員が家庭に伺います。
  1週間に3回を基本とし、1日2時間程度授業を行います。

授業では
 ○身体の緊張をゆるめること。
 ○コミュニケーションを豊かにすること(楽器や音楽に触れて楽しむこともあります)。
 ○スクーリングをして行事に参加したり、ビデオレターの作成などをとおして、学校の友だちとの授業に参加すること等を取り組んでいます。